初の消防フェスタ盛況

地域の話題

[ 2016年 3月 6日 日曜日 10時14分 ]

 飯田広域消防本部は5日、初のイベント「消防フェスタ」を飯田市東栄町の同本部で開いた。多くの家族連れが集まり、放水体験や消防車両の見学など多彩な内容を楽しんだ。

 7日の「消防記念日」を前に「防災の心を育む直接対話の場」「地域に密着する消防のあり方を心に刻む場」として開催。全庁的な催しとし、スタンプラリー方式を取り入れた。

 黒と黄色を基調にした子ども用の防火衣を消防士に着せてもらった園児と小学生は、消火器の使い方や放水などを体験。新たに導入した化学消防ポンプ自動車の試乗、最大で35メートル伸ばせるはしご車を操縦する様子なども見学した。

 飯田大火の記録映像も上映するなど、充実した内容を用意した職員は「多くの人に参加してもらえてよかった」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)