創造館茶会で3流派のもてなし堪能

地域の話題

[ 2011年 11月 2日 水曜日 13時02分 ]

 飯田下伊那地域の茶道3流派が一堂に会する「創造館茶会」(県飯田創造館、3流派主催)が30日、飯田市小伝馬町の県飯田創造館で開かれた。多くの茶人や愛好者らが訪れ、それぞれの流派が設けた茶席を楽しんだ。

 茶道文化の普及と地元の茶人の交流、流派間の研さんを目的に開き、25回目。異なる流派が一堂に会する機会として定着し、表千家飯田地区と裏千家飯田地域、大日本茶道学会飯伊地区の3流派で組織する実行委員会(矢澤清見実行委員長)と同館が主催している。

 はじめに宮島福男館長は、来場者に茶会の趣旨などを説明し「心なごむ茶の世界に身を置き、それぞれの流派の茶の湯の楽しさを味わってもらえれば。茶道の奥行きの深さを実感してもらいたい」とあいさつした。

 ことしは表千家が広間、裏千家が南方、大日本茶道学会が立礼の各席を担当。季節の草花を飾り、モミジなどを象った秋らしい菓子や茶道具などを用意した。

 訪れた客らは、各席での心を込めた一椀を堪能。花入れや掛け軸といったしつらえも楽しみながら、それぞれの流派の趣向を凝らしたもてなしを味わった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞