動物園で干支の引継ぎ

地域の話題

[ 2021年 1月 14日 木曜日 15時31分 ]

 飯田市扇町の飯田市動物園で11日、昨年の干支(えと)「ネズミ」から今年の干支「ウシ」へバトンを渡す「干支ひきつぎ式」が行われた。それぞれの担当飼育員が出席し、ウシの特別ガイドを開催。多くの親子連れでにぎわった。

 式は園のウシ科代表「カモシカ」の獣舎前で実施。参加者はカモシカの様子を観察しながら、ガイドを聞いた。

 飼育員は手製のポスターやイラストを用いて、ウシの種類や特徴を紹介。人間には消化できない草を消化するために、ウシには胃が4つあると説明した。一度胃の中に入れた食べ物を口に戻してゆっくりすりつぶす「反すう」もウシの特徴の1つだとし「園のウシ科の動物たちの反すうの様子も見て」と話した。

 駒ケ根市から訪れた小学2年の男子児童(7)は「カモシカは角があってかっこいい。胃が4つあるのはびっくりした」と笑顔。イベントを担当した飼育員の勝山友梨子さんは「今年の主役のウシ科の動物たちには目に見えない身体の秘密がたくさん。実際に足を運び、飼育員に質問をしてほしい」と呼び掛けている。

◎写真説明:今年の干支「ウシ」を飼育員が特別ガイド

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞