動物園で干支の引継ぎ

地域の話題

[ 2021年 1月 14日 木曜日 15時31分 ]

 飯田市扇町の飯田市動物園で11日、昨年の干支(えと)「ネズミ」から今年の干支「ウシ」へバトンを渡す「干支ひきつぎ式」が行われた。それぞれの担当飼育員が出席し、ウシの特別ガイドを開催。多くの親子連れでにぎわった。

 式は園のウシ科代表「カモシカ」の獣舎前で実施。参加者はカモシカの様子を観察しながら、ガイドを聞いた。

 飼育員は手製のポスターやイラストを用いて、ウシの種類や特徴を紹介。人間には消化できない草を消化するために、ウシには胃が4つあると説明した。一度胃の中に入れた食べ物を口に戻してゆっくりすりつぶす「反すう」もウシの特徴の1つだとし「園のウシ科の動物たちの反すうの様子も見て」と話した。

 駒ケ根市から訪れた小学2年の男子児童(7)は「カモシカは角があってかっこいい。胃が4つあるのはびっくりした」と笑顔。イベントを担当した飼育員の勝山友梨子さんは「今年の主役のウシ科の動物たちには目に見えない身体の秘密がたくさん。実際に足を運び、飼育員に質問をしてほしい」と呼び掛けている。

◎写真説明:今年の干支「ウシ」を飼育員が特別ガイド

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

たくさんの笑顔と感動を

8月5日木曜日15:47

「りんごん」一転中止に

8月5日木曜日15:35

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞