医療従事者への感謝も

地域の話題

[ 2020年 12月 21日 月曜日 16時15分 ]

 飯田市馬場町の旧飯田測候所と隣接の東栄公園で19日、「北斗のまち橋北イルミネーションフェスタ」(橋北まちづくり委員会主催)のイルミネーション・ライトアップが始まった。今冬は「ウィズコロナ・アフターコロナ」をテーマに、新型コロナウイルスとたたかう医療従事者へのメッセージも表現。工夫を凝らした光の装飾とオルゴールの音色が来年1月8日まで楽しめる。

 コロナ禍での開催となることから、飾り付けの範囲は例年よりやや縮小したものの、拍手を送る手が点滅する「クラップ・フォー・ケアラーズ」の装飾と青い光の塔で、医療従事者への感謝を表現するなど、心のこもった飾り付けとした。

 イルミネーションフェスタは2009年に始まり、冬の風物詩として定着。今冬は11月半ばからまちづくり委員会、橋北面白倶楽部を中心に準備をしてきた。

 点灯式は佐藤健市長ら来賓を迎えて19日夕に開催。7万5000球余のLEDが一斉にともると、集まった人たちは測光塔から流れ落ちる光の束、トナカイなどに見入り、クリスマスの雰囲気を楽しんでいた。

 点灯時間は午後5時から同9時まで。大みそかはオールナイト点灯とする。期間中に会場内で毎年開いているクリスマスイベントは開催を見送った。

◎医療従事者への感謝を表現した装飾も

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞