千栄夢みらいプロジェクト始動へ

地域の話題

[ 2016年 7月 19日 火曜日 8時52分 ]

千栄で夢みらいPJ 飯田市千栄の住民有志が、三遠南信自動車道千代インター(仮称)の供用開始と天龍峡大橋の完成を見据えて地域の将来を考える「千栄夢みらいプロジェクト」が、今夏からスタートする。

 

 「インターが出来るから、地域振興のために誰かが何かしてくれる」という幻想から抜け出し、自分たちの手で未来を創り出そう―と、有志が実行委員会(井澤逸男委員長)を立ち上げ、年齢を問わず参加を呼び掛けている。

 

 初顔合わせは8月6日。「千栄夢みらいフォーラム」と銘打って飯田りんごんに参加し、そろいのTシャツを着て踊りながら仲間意識を育む。この集いをきっかけに輪を広げていきたい考えだ。

 

 30~50代後半の8人でつくるフォーラム運営委員会(清水美彦委員長)が用意したTシャツは、1枚1000円で販売中。好みの色を選んで注文できる。

 

 井澤さん(59)は「夢、未来は歯が浮いたような言葉だが、諦めちゃいけないもので、過疎地が一番失っているものでもある。一人一人が夢見て行動することで地域は絶対に明るくなる。インター、大橋というツールをみんなが幸せになるように活用したい」と話している。

 

 問い合わせは井澤さん(電話090・9667・7188)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号