卒園児にお守り贈る

地域の話題

[ 2020年 3月 24日 火曜日 15時42分 ]

 地域の安全推進や課題解決に取り組む「地域安全戦隊ジングルライダー」は23日、飯田市大瀬木の伊賀良保育園年長園児39人に、卒園記念のお守りを贈呈した。革職人で、活動の中心となって取り組む「ジングルレッド」の木下英幸さん(46)=北方=が牛革で制作した。

 木下さんの息子が卒園した12年前、卒園児にプレゼントしたところ好評だったことから、毎年実施。この日は木下さんが園を訪問し、25日の卒園式を前に子どもたちへお守りを届けるとともに、命の大切さについて伝える講話を行った。

 銃撃の跡が残る鹿や熊の皮、牛の骨などを見せ、人間の生活を守るため駆除されたり、家畜として食べられるために育てられ、犠牲になっていることを説明。食事の前の「いただきます」は命をいただくことを意味することを伝えた。

 「皆は肉や野菜、米などたくさんの命を食べてここにいる。いただく時は真剣に食べて。作物を育てる農家や調理する人など、たくさんの人が関わっていることも忘れないで」と強調。

 ギター演奏とともに、命をいただくことをテーマにした歌を披露し「尊い命をいただいている自分の命も、友だちの命も大切。友だちが困っていたら助けてあげて。言葉や暴力で傷つけないで」と呼び掛けた。

 続いて、お守りをプレゼント。無事に自宅に帰ってくるように―という意味を込めたカエルの顔の模様と園名、卒園の年、子どもの名前を入れて金具を付けた牛革のお守りを、一人一人に手渡した。

 子どもたちは「ありがとうございました」と感謝を伝え、お礼に画用紙で手作りした花束を贈呈。「お守りをもらってうれしい」「ランドセルに付けたい」などと笑顔を浮かべていた。

◎写真説明:命の大切さについて講話(伊賀良保育園で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

安全な残土搬出へ連携密に

5月17日月曜日15:29

深さ30メートルの立坑初公開

5月17日月曜日15:08

「集団接種」がスタート

5月15日土曜日13:00

早くも上がる水しぶき

5月15日土曜日13:42

定数超の13派出席

5月14日金曜日15:13

「飯田北改良」構造物設計

5月14日金曜日15:14

環境対策工を一部変更

5月13日木曜日15:04

環境対策巡る懸念伝える

5月13日木曜日15:11

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞