南アの夏山シーズン幕開け 大鹿登山口で開山式

地域の話題

[ 2017年 6月 7日 水曜日 16時06分 ]

交流センターで行われた開山式

 夏山シーズンの到来を告げる南アルプス大鹿登山口の開山式が7日、大鹿村大河原の村交流センターであった。主催する村や商工会、観光協会の他、飯田署、山小屋から40人が出席。神事を行い、観光や登山で訪れる人たちの安全を願った。

 

 柳島貞康村長が「今年の登山者、関係者の1年間の無事を祈願する」とし、開山を宣言。神事で玉串を捧げて安全を祈願した。

 

 昨年までの大西公園から変更し、新小渋橋付近のウェストン碑前で開く計画だったが、雨のため同センターで行った。

 

 村産業建設課によると、村内から南アへ向かう登山口は、三伏峠に通じる鳥倉と塩川、赤石岳への小渋の計3カ所があるが、塩川は崩落で通行できない。

 

 例年は9月中旬まで多くの登山客でにぎわう。山小屋は7月1日にオープンする予定という。

 

 前大鹿村観光協会会長で三伏峠小屋経営者の平瀬長安さん(75)は「大鹿登山口は高山植物など多くの自然が残っており、雄大な赤石岳を眺めながら歩けるのが魅力。今年も安全に気を付け、大勢の人に登山を楽しんでもらえたら」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号