南アルプスが初冠雪 平年より8日早く

地域の話題

[ 2018年 10月 17日 水曜日 15時22分 ]

初冠雪した南アルプス

 飯田で朝の最低気温が9・4度まで下がった16日、仙丈ケ岳(標高3033メートル)や塩見岳(3047メートル)など南アルプスの各座が初冠雪した。観測している気象アドバイザーの情報提供を受け、南信州広域連合が発表した。平年より8日、昨年より10日早いという。

 飯田市の中心市街地や本社がある育良町からも、各座の山頂付近が雪に覆われ、飯伊各地からくっきり浮かび上がった白い山並みが目視できた。

 仙丈の初冠雪は最速日が9月8日(1965年)、最遅日が11月23日(94年)と年によって約2カ月の幅があるが、平年は10月24日。

 飯田市のシンボル、標高1535メートルの風越山の初冠雪の平年日は11月29日。飯田の初雪の平年日は12月1日で、昨年は11月19日だった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞