南アルプスジオパークを再認定

地域の話題

[ 2016年 12月 10日 土曜日 14時21分 ]

再認定に向けた飯田市上村の現地調査=11月1日

 貴重な地形や地質が見られるジオパークの国内認定機関「日本ジオパーク委員会」は9日、飯田市、大鹿村、伊那市、富士見町にまたがる「南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク」を再認定した。

 審査は4年に1度で、2008年に認定を受けた南アジオパークは12年に続き2回目の再認定となる。10月31日と11月1日の2日間、審査員が現地調査に訪れ、ジオサイトを地域でどう保全し、学びなどに活用しているかを中心に審査した。

 同委員会は審査結果の中で、事務局体制の強化や情報発信といった前回審査時に課題とした点について「おおむね改善され、さらに成果を上げている」と指摘。地域活動をけん引するリーダーが生まれていることや、児童生徒向けの教育活動が実践され、それらを支える文化施設などで地質学的に高度な解説が展開されていることも評価した。

 一方、南アジオパークが南北に長く位置することを踏まえ「市町村ごとに取り組み方に異なる部分が見られる」との課題も指摘。ただし「事業計画をベースに各専門部会の活動をジオパークエリア全体に広げようと組織や運営体制の強化が図られつつある」として、再認定を決めた。

 今回の審査では、南アや糸魚川、隠岐、伊豆大島など国内の計10地域のジオパークが再認定された。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号