南アルプスジオパーク 協議会設立 観光や教育活用へ

地域の話題

[ 2012年 2月 27日 月曜日 15時14分 ]

 飯田市、伊那市、富士見町、大鹿村でつくる南アルプス世界自然遺産登録長野県連絡協議会(会長・白鳥孝伊那市長)は24日、南アルプス(中央構造線エリア)ジオパーク関係団体と連携し、エリア内に存在する地質遺産を保護しながら、教育や観光に活用するための協議会を発足した。

 協議会は、4市町村や観光団体のほか、南アルプスジオパークに関わる活動を展開する「秋葉街道信遠ネットワーク」や「伊那谷自然友の会」なども参加し、20団体でつくる。また、大鹿村中央構造線博物館の河本和朗学芸員や、飯田市美術博物館の坂本正夫専門研究員ら12人がオブザーバーとして加わる。

 ジオパークとは、地球(ジオ)の成り立ちなど地球科学的に見て重要な自然遺産を含むとともに、自然に親しむことができる公園。南アルプスジオパークは、日本列島の土台を作った「プレートの沈み込み」にまつわる現象を観察できる優れた地質遺産を有し、自然を題材にした教育普及活動が長年にわたり続けられてきたことなどから、2008年に「日本ジオパーク」として認定された。

 この日伊那市役所で開かれた設立総会では、会長に白鳥伊那市長を選出。12年度事業計画では、関係団体が連携し、地質遺産の見どころを広くアピールするとともに、教育・観光資源として活用を図りジオツーリズムを構築するなど、ジオパークを利用した地域振興を推進する方針を確認。また、新たなジオパークガイドの養成にも力を入れていくとした。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43

地元の映画を盛り上げよう

9月17日木曜日15:53

かごいっぱいの栗に笑顔

9月16日水曜日15:36

「シャイン」狩り開始へ

9月16日水曜日15:26

店の前での飲食可能に

9月15日火曜日15:06

「贈り物」が山麓彩る

9月15日火曜日15:34

エールの街で老舗探訪/ロケ地訪問も/ヤマサちくわが飯伊在住者を特別優待

9月13日日曜日16:33

都内の高校と連携協定へ

9月12日土曜日13:33

繭づくり目指し大切に

9月12日土曜日13:58








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞