遠山郷いい川づくり推進会議 飯田市南信濃

地域の話題

[ 2015年 3月 14日 土曜日 8時18分 ]

 飯田市南信濃地区を流れる遠山川の整備をめぐり、県下伊那南部建設事務所と住民が協働する「遠山郷いい川づくり推進会議」(会長・玉置洋一南信濃まちづくり委員会会長)は12日、南信濃自治振興センターで第4回会議を開いた。河床回復を目的にした一部の工事が完了したため、新年度はモニタリング調査を実施して効果を確認する。

 本年度の最終回で、会議を構成する地元住民ら約20人が参加した。

 県は本年度、遠山中学校付近と中橋付近で河床低下を防ぐ帯工や、床張工、護岸保護を目的とした根固め工などを実施。完了後は土の堆積や実際に水が流れる範囲が広がるなどの効果が出ている。

 会議では、同事務所が工事の進捗状況と、新年度に発注を予定している工事の概要を説明。完了した2カ所については、新年度に施設効果や環境影響、維持管理状況を確認するモニタリングを実施する考えを示し、想定される内容を解説した。

 測量など専門知識が必要な項目は専門家に委託するものの、動植物の生息状況の把握など住民でも実施が可能な項目については「生活している住民の皆さん自身で効果を確認してほしい」として、会議に委ねたい考えを示し、住民らが同意した。

 具体的なモニタリング項目は6月に開く次回以降で固める。

 同会議は「人・自然・文化のハーモニー!奏でつづける遠山川」の推進を目的に、河床回復や水際広場の設置を計画する県の「信州のいい川づくりモデル事業」を協同で展開する組織。景観の維持や管理、モニタリング、施設の点検、修繕などを活動の軸としている。

 県は、河床回復の他、観光客の到来が多い「道の駅遠山郷かぐらの湯」付近の河道に水をいきわたらせ、水際広場を設けて親水性を高める工事も計画している。

 玉置会長は「遠山川は地域の財産。住民と県が一体となり、親しみある遠山川を取り戻したい」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

遠山郷でチャレンジマラニック開催

9月25日火曜日15:03

天龍村の平岡ダム近くで慰霊法要

9月25日火曜日15:03

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26