南信濃の龍淵寺で観音堂「光堂」の落慶式開く

地域の話題

[ 2010年 4月 17日 土曜日 8時36分 ]

 飯田市南信濃和田の龍淵寺(盛宣隆住職)は15日、観音堂「光堂」の落慶式を開いた。青山俊董愛知専門尼僧堂堂長が導師を務めて法要を執り行い、和田小学校の児童たちが稚児衣装を身につけて登場し、花を添えた。

 境内にある平成の名水百選「観音霊水」や、親子杉「観音大杉」で知られる同寺。1907(明治40)年に建てた観音堂が老朽化したため、新築改修を決め、昨年8月から信州の名工(2008年)として知られる阿智村清内路の宮大工、桜井三也さん(56)が造営作業を進めていた。

 総ケヤキの入母屋造りで、今後、内外に精巧な彫刻が配される。南信濃和田の商店街を見下ろす場所にあり、光輝く銅板の屋根が各所から眺望でき、新たな地域のシンボルにもなっている。

 落慶式には同市立和田小学校2年生の児童が稚児衣装を身につけて登場し、かわいらしい姿で真新しい回廊を歩いた。本堂では青山俊董愛知専門尼僧堂堂長が「観音さまのこころ」と題して記念講演。約100人の参列者が耳を傾けた。

 光堂には観音像のほか、檀家や信徒らが願いを込めて15年間にわたって積み重ねてきた10万5000巻の写経が納経された。

 盛住職(56)は「木の喜びが伝わる光堂ができた。10万巻を超える写経を納め、昭和から平成にかけての時代に暮らした人々の思いを次代に伝え、人と人との縁を取り結ぶ堂になれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29

設置取りやめに異論なく

1月19日火曜日15:49

西川氏が無投票当選へ

1月19日火曜日15:06








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞