受験生に人気の「鼎駅切符」が復活

地域の話題

[ 2017年 1月 18日 水曜日 15時44分 ]

合格祈願の台紙と切符

 合格祈願などでかつて受験生たちに人気を集めた「鼎駅切符」が約4年ぶりに新しい形で復活した。JR東海飯田線の飯田駅(畑中徹駅長)が独自企画として、鼎駅(飯田市鼎中平)―桜町駅(同市桜町)間の乗車券購入者に、合格祈願の台紙の提供を開始。早くも話題を呼び、これまでに200枚ほどが利用されている。

 鼎駅の入場切符は「鼎」が「叶える」につながって縁起が良いとして、受験シーズンになると受験生や保護者らが買い求める姿が風物詩になっていた。

 駅員の無配置化で2013年4月に鼎駅が無人駅になったため、入場券は姿を消し、途絶えていた。

 台紙作成による新たな形での復活は「無配置化後もたびたび問い合わせがあった」ことを踏まえた形。同駅の社員が「気配り、心配り」のスローガンの下で企画した。

 桜町駅の「桜」も掛けて「願いかなえて桜咲く」のキャッチコピーをつくり、両駅の文字が印字される鼎―桜町駅間の乗車券を貼ることができる「合格祈願」の台紙900枚を手作りで作成し、飯田特産の水引で装飾した。

 受験生の利用率が高い飯田、伊那上郷、鼎、天竜峡の各駅にポスターも掲示してPR。昨年12月に同区間の乗車券購入者に提供を開始したところ、年末までに200枚余が利用された。なかには生徒全員の切符を購入する教員の姿もあったという。

 台紙の提供は受験シーズン中の3月末まで。鼎―桜町駅間の乗車券が購入できる飯田駅と天竜峡駅で受け付けている。同区間の運賃は190円。希望に応じ、行き先は桜町駅以外にも変更できる。

 平沢秀樹助役(63)は「少しでもお客さんに喜んでいただくことができれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

27人予定、4人落ちの激戦に

4月10日土曜日13:25

山村留学生18人が抱負

4月10日土曜日13:44

参院補選の期日前投票

4月9日金曜日16:52

スポーツでの交流拠点に

4月9日金曜日16:46

与野党対決火ぶた

4月8日木曜日15:42

子どもの「心のケア大事に」

4月8日木曜日15:20

園児に聖火トーチ披露

4月7日水曜日15:01

人波作戦で交通安全PR

4月7日水曜日15:45

開花に合わせ田に水張り

4月6日火曜日15:13

高校生活への期待胸に

4月6日火曜日15:33

中山間地に「新しい風を」

4月5日月曜日16:21

例大祭での初披露に向け

4月5日月曜日16:20

現職15派、新人12派予定

4月3日土曜日13:52

希望の春 温かい祝福受け

4月3日土曜日13:27

就農研修4期生5人が入所

4月2日金曜日15:37










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞