受験生に人気の「鼎駅切符」が復活

地域の話題

[ 2017年 1月 18日 水曜日 15時44分 ]

合格祈願の台紙と切符

 合格祈願などでかつて受験生たちに人気を集めた「鼎駅切符」が約4年ぶりに新しい形で復活した。JR東海飯田線の飯田駅(畑中徹駅長)が独自企画として、鼎駅(飯田市鼎中平)―桜町駅(同市桜町)間の乗車券購入者に、合格祈願の台紙の提供を開始。早くも話題を呼び、これまでに200枚ほどが利用されている。

 鼎駅の入場切符は「鼎」が「叶える」につながって縁起が良いとして、受験シーズンになると受験生や保護者らが買い求める姿が風物詩になっていた。

 駅員の無配置化で2013年4月に鼎駅が無人駅になったため、入場券は姿を消し、途絶えていた。

 台紙作成による新たな形での復活は「無配置化後もたびたび問い合わせがあった」ことを踏まえた形。同駅の社員が「気配り、心配り」のスローガンの下で企画した。

 桜町駅の「桜」も掛けて「願いかなえて桜咲く」のキャッチコピーをつくり、両駅の文字が印字される鼎―桜町駅間の乗車券を貼ることができる「合格祈願」の台紙900枚を手作りで作成し、飯田特産の水引で装飾した。

 受験生の利用率が高い飯田、伊那上郷、鼎、天竜峡の各駅にポスターも掲示してPR。昨年12月に同区間の乗車券購入者に提供を開始したところ、年末までに200枚余が利用された。なかには生徒全員の切符を購入する教員の姿もあったという。

 台紙の提供は受験シーズン中の3月末まで。鼎―桜町駅間の乗車券が購入できる飯田駅と天竜峡駅で受け付けている。同区間の運賃は190円。希望に応じ、行き先は桜町駅以外にも変更できる。

 平沢秀樹助役(63)は「少しでもお客さんに喜んでいただくことができれば」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10