同志社大生が千代で交流

地域の話題

[ 2012年 4月 2日 月曜日 9時03分 ]

 昨年8月に飯田市千代山村広場で野外イベント「イイダストック」を開いた同志社大学多田実教授ゼミの学生が30、31の両日、千代を訪れて、炭焼き体験や自然散策、住民との交流を行った。同ゼミの学生は、今夏にも再びイイダストックを企画する予定だ。

 同ゼミはCANVASの桑原利彦さんを通じて、飯田市をフィールドに音楽などを利用した地域活性化の研究を続ける。昨夏には千代を含む竜東地区を舞台にプロモーションビデオの撮影や千代山村広場でのイイダストックの開催、学生バンドイベントへの協力などを行った。

 前回の反省として事前の打ち合わせが足りなかったことから、新年度前に、千代で自然や文化を学び住民と学生が交流する機会を―と、今回の千代来訪を企画。新年度から3年生になる学生でイベントプロデュースを担当する4人が参加した。

 30日夜にごんべえ邑で開かれたミニコンサートへは、千代地区の住民ら20人ほどが参加。多田教授と桑原さんのセッションを聞き、あらためて音楽の魅力を感じた。引き続いての懇親会では、学生たちの音楽を通じた地域の発信にかける思いへ理解を深めた。

 昨夏のイイダストックでAKBのダンスを披露し、イベントプロデュースのリーダーを務める水谷美咲さんは「千代の方々が顔を覚えてくれていてうれしかった。5月にはゼミ募集のイベントも手がける。自分たちも楽しみながら伝え方を学びたい」と意気込む。

 多田教授は「音楽をキーワードに地域おこしができないかと企画したのがイイダストック。今回学んだことを学生たちが持ち帰り、夏のイイダストックに生かしたい」と話していた。

 学生らは滞在中、炭焼き体験や千代内の芸術家への訪問、ビデオ撮影のロケーションハンティングなども行った。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28

竹林整備へ破砕機導入

10月17日土曜日14:58

労働力確保へ作業講習会

10月17日土曜日14:07

継続か刷新か市民判断へ

10月16日金曜日14:59

手づくり線香花火に歓声

10月16日金曜日14:10

不在者投票で1票

10月15日木曜日15:49

「支えてくれた方に感謝」

10月15日木曜日15:42

コロナで困窮の家庭を支援

10月14日水曜日15:55

タヒチアンダンスで活躍

10月14日水曜日15:53

治部坂高原色付き始める

10月13日火曜日14:39

増設の上郷でも始まる

10月13日火曜日14:29

秋の曙月庵を彩ろう

10月12日月曜日12:05

継続か刷新か争点に

10月12日月曜日12:06








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞