名水で一服、守る思い新た 猿庫の泉保存会が初釜茶会

地域の話題

[ 2018年 2月 13日 火曜日 15時10分 ]

羽場公民館で開かれた初釜茶会

 猿庫(さるくら)の泉保存会(松沢時夫会長)は11日、飯田市羽場公民館で初釜茶会を開いた。同会員をはじめ来賓や一般参加者など約70人が出席。春を感じさせる梅の花をかたどったお菓子とともに、名水でたてた一服をゆっくりと堪能し、地域の宝である名水を、地域を挙げて守り続けていく思いを新たにした。

 猿庫の泉は古くから茶の湯に適することで知られ、文化文政年間(1804~30年)ころには、飯田城主の堀公が場内に数奇屋(すきや)を建て、毎朝家来がくんできた泉の水で茶をたてたとされる。

 1985年に環境省の「名水百選」に認定され、同年に保存会が発足。5月から10月まで毎週日曜日を基本に茶会を開くほか、泉周辺の清掃・整備活動などに励んでいる。

 一昨年に行った遊歩道の設置など、泉の周辺整備の効果もあり、入込客数も年々増加。昨年4~9月には観光バス約25台、フリーの大型バス5、6台が訪れるなど、入込客数は前年比で1000人ほど増えたという。

 会の冒頭あいさつに立った松沢会長は、「会員の高齢化が進んでおり、新しい血の導入が必要。ことしの秋ごろには、飯田女子短大茶道部との連携事業も計画している。こうした事業を通じて、若い人たちに泉への関心を持ってもらえたら」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33

「適正な森林管理の継続を」

8月1日土曜日13:37

古墳文化に親しんで

7月31日金曜日15:03

「夏休みに読書楽しんで」

7月31日金曜日15:04

飯田の会社員男性「陽性」

7月30日木曜日15:25

飯田市がコロナ対策第4弾を発表

7月30日木曜日15:39

海辺の青い鳥飯田で

7月29日水曜日15:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞