和歌山大の尾久土教授が世界初の全天周4Kビデオ撮影

地域の話題

[ 2010年 4月 5日 月曜日 8時49分 ]

 和歌山大学観光学部の尾久土正己教授(49)らは2日夜、飯田市追手町の市美術博物館で、世界初となる全天周4Kビデオ撮影を行った。

 同館は6月、プラネタリウムで飯田市の自然や文化などの観光コンテンツを紹介するドームイベントを企画。今回、同市と協定を結ぶ和歌山大学の尾久土教授と研究員、機材メーカー担当者がイベント用映像を撮影するため4Kビデオカメラを使用し、同館前庭の長姫のエドヒガン(安富桜)の撮影を行った。

 4Kは、ハイビジョンの4倍以上の画素数を持つ超高精細映像で、大型スクリーンでの上映に適した鮮明な画像の撮影が可能になる。このカメラに魚眼レンズを取り付け、撮影した映像をプラネタリウムのドームスクリーンに映し出すことで、従来よりも鮮やかで臨場感に溢れた映像を楽しむことができる。

 今回使用したカメラは日本ビクター製。魚眼レンズは、日本ビクターが設計したものをレンズメーカーが製作した特注品。全天周映像用の4Kカメラとしては、世界でこの一台のみとなる。和歌山大は先月末にカメラを購入。以前から牧野光朗市長と交流のあった尾久土教授が市長からの勧めを受け、今回の撮影に至った。

 尾久土教授は「このカメラと専用の魚眼レンズを使って撮影した映像を、プラネタリウムのドームスクリーンに投影すると、まるで実際の桜を下から眺めているように見える。ドームシアターで観光地の四季折々の風景を見ることで、観光の疑似体験をしてもらう。これまでパンフレットくらいしかPRする手段がなかったが、きれいな観光地の映像を動画で撮影し、プラネタリウムで日本の美しい風景を投影して紹介していきたい。今回、飯田を出発点とし、京都や奈良なども撮影していきたい」と話した。

 教授らは5日まで飯田に滞在し、座光寺麻績の里の舞台桜や杵原学校、石塚、黄梅院、松尾毛賀くよとのシダレザクラなどを撮影する予定。

 同館で開催する6月のイベントでは、今回撮影する飯田各地のサクラの映像が体験できる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

西下トンネルが開通 松川インター大鹿線 リニア関連で新設、完成祝う

12月15日土曜日15:31

ウィルタネン彗星最接近 昴と競演 

12月15日土曜日15:42

年賀状の投かん始まる 園児は大好きな動物宛てに

12月15日土曜日15:41

先進事例に自社を見つめる ネスク―イイダが新製品・新事業の報告会

12月14日金曜日15:29

源助かぶ菜の漬物販売 生産復活させた大根も提供 泰阜村

12月14日金曜日15:25

仮橋完成で通行止め解除へ 天龍―豊根の県道 土砂崩落から2年ぶり

12月13日木曜日15:10

下農生 伝統のおせち料理に挑戦 7品を調理し重箱へ

12月13日木曜日15:57

南海トラフ地震 3ケースで防災対応 M8で沿岸は連動警戒避難

12月12日水曜日15:04

ノロウイルスが原因 保育園の集団欠席 飯田市

12月12日水曜日15:00

中央道飯田山本―園原間でチェーン義務化 大雪時

12月11日火曜日16:04

星降る夜空と空間演出 冬のナイトツアー始まる 阿智村

12月11日火曜日15:14

20カ国の文化や食通じて 飯田国際交流の夕べ

12月11日火曜日15:37

特産品をギュッと箱詰め 「あなん便冬期」出荷始まる

12月8日土曜日14:09

時計塔の「ぽぉ」が変身 飯田市街地でクリスマス企画 

12月8日土曜日14:16

けん引式車椅子を体験 阿智高地域政策コース ユニバーサルツーリズム

12月8日土曜日14:19