喬木で「くりん草まつり」始まる

地域の話題

[ 2011年 5月 23日 月曜日 14時33分 ]

 喬木村小川の九十九谷(くじゅうくたに)森林公園で21日、恒例の「くりん草まつり」が開幕した。赤、ピンク、白、紫の5万株が色鮮やかに咲き、訪れた花愛好家らの目を楽しませている。

 村の有志でつくる「くりん草愛好会」が管理している。春先の寒さや昨夏の猛暑の影響で開花は例年より10日ほど遅れた。現在3分咲きで、最盛期は今月25日から31日ごろになりそう。

 サクラソウ科の多年草で7色の花が数層に輪生するクリンソウ。高さ30センチほどに成長し、葉は長円形で根元から群生する「初夏の花」としても知られている。

 愛好会は、村花であるクリンソウを広めようと取り組み18年目。湿地帯を利用して少しずつ株を増やしてきた。代表の賜洋子さん(66)は「『喬木と言えばクリンソウ』と言われるまでになった。丹精し育てた花々を大勢に見てもらいたい」と来園を呼び掛けている。

 くりん草まつりは6月5日までの午前9時から午後4時。入園無料。散策しながらクリンソウを楽しめるほか、苗や特産品を購入できる。また園内で協力金を募り、管理費や東日本大震災の義援金に充てる。問い合わせは、喬木村農村交流研修センター(電話33・3999)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52

収穫、出荷が本格化 天龍村のていざなす

7月11日水曜日15:26

100回目の夏が幕開け 飯伊球児も堂々と行進 高校野球長野大会

7月10日火曜日15:24