喬木村がチャレンジデー参加

地域の話題

[ 2010年 5月 27日 木曜日 11時17分 ]

 喬木村は26日、1日15分以上の運動をした住民の人口に占める割合を競う笹川スポーツ財団(東京)主催「チャレンジデー」に参加した。子どもから大人までが午後9時まで体を動かし、県外の2町と参加率を競った。

 参加は9年連続。飯田下伊那では同村のみ。

 早朝のラジオ体操に始まり、健康ウオーキング、ゲートボール、マレットゴルフ、ミニサッカー、バドミントン、ソフトバレーボール紅白試合など各地で実践。夜まで続き、多くの住民が興味のあるスポーツに参加した。

 阿島のAコープたかぎ店駐車場には、ニュースポーツと体力測定ができるテントを特設。買い物ついでの親子連れらが気軽に立ち寄り、競技に楽しむ姿があった。近くの木下宏吉さん(82)は囲碁ボールに挑戦し「思ったよりもおもしろかった。いい運動になりました」と笑顔だった。

 チャレンジデーは、15分以上継続してスポーツや運動に取り組んだ「住民参加率」を、人口規模がほぼ同じ自治体と競うというユニークなイベント。敗れた自治体は、勝った自治体の旗を庁舎のメーンポールに掲揚するルールもある。

 過去8回は計11自治体と対戦し、通算成績は5勝6敗。昨年は、参加率が過去最高(76・4%)を上回る81・2%。対戦した鹿児島県和泊町(82・9%)に敗れたが、岩手県藤沢町(80・7%)には勝利した。

 今回の対戦相手は沖縄県宜野座村と岩手県葛巻町。宜野座村は初参加、葛巻町は16度目で昨年の参加率は76%だった。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

牧野市長「冷静な対応を」

3月28日土曜日13:36

帰省中の20代男性陽性

3月28日土曜日13:22

伊那市で伊那谷自治体会議開く

3月27日金曜日15:05

ラッピングデザイン一新

3月27日金曜日15:38

大鹿村20年後へメッセージ

3月26日木曜日15:31

第23回TOJ中止に

3月26日木曜日15:40

生徒会役員が「一日村長」

3月25日水曜日15:35

東京五輪・パラ五輪が一年程度延期に

3月25日水曜日15:49

阿部知事とJR東海・金子社長が会談

3月24日火曜日15:55

卒園児にお守り贈る

3月24日火曜日15:42

ランドセルは海を越えて

3月23日月曜日15:13

飯田の街にも春到来

3月23日月曜日15:17

“つなぎ舟”の進水式

3月21日土曜日14:10

人面把手付土器が出土

3月21日土曜日14:34

“15の春”に喜びあふれ

3月19日木曜日15:20








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞