喬木村でりんごの樹オーナー開園開く

地域の話題

[ 2010年 4月 30日 金曜日 8時28分 ]

 観光客が喬木村のリンゴ生産農家とオーナー契約を結ぶ「たかぎりんごの樹オーナー農園」開園式が29日、村農村交流研修センターで開かれた。県内外から大勢が訪れ、もち投げなどで祝った。開園式に続き、オーナー契約を希望する観光客は伊久間原、富田、野田原3地区の園地へ移動、鮮やかな白い花を付けた木の幹にオーナーであることを示す木製のプレートを結び付けた。

 春にリンゴの木を選び、園主とオーナー契約する。木は園主によって管理され、秋に収穫を楽しめるというユニークな取り組み。

 地域の活性化などを狙い19年目。毎年、村内18戸のリンゴ生産者でつくる「りんごの樹オーナー農園実行委員会」が主催する。

 品種は、糖度の高さが特徴のふじ。中京圏を中心に人気のイベントとして定着しており、同実行委員会は、ことしは契約数600本を目標にしている。実行委員長の林弘冨さん(62)は「癒しを求めて喬木を訪れる県外客が増えた。足を運ぶきっかけとなり、村の魅力を存分に堪能してもらえれば」と期待を込めた。

 収穫祭は11月23日。実行委員会では随時オーナーを募集している。希望者は、たかぎ農村交流研修センター(電話0265―33―3999)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30

「天龍峡大橋」パズルに

2月20日木曜日15:54

農泊事業に新たな風を

2月19日水曜日15:12

はんてん贈り続けて30年

2月19日水曜日15:47

保護者の率直な思い聞く

2月18日火曜日15:38








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞