喬木村で木質ペレットを燃料にしたイチゴ収穫

地域の話題

[ 2010年 1月 20日 水曜日 8時54分 ]

 喬木村が木質ペレットを燃料にしたボイラー1台を試験的に設置し、特産のイチゴを栽培している村農村交流センターで19日、初収穫があった。品種は甘みが特徴の「章姫」。赤く色付き、中川渉所長は「甘みも十分」と手ごたえを示した。

 高設栽培した株から大粒の実がぶら下がる。一部で病気が出たものの「初めてにしては上出来」(中川所長)。20日には大平利次村長らが試食に訪れるという。

 地球温暖化につながる二酸化炭素(CO2)の排出量を抑えた「エコな農業」の取り組みの1つ。

 同センターによると、イチゴ農家の多くは重油ボイラーなどでハウス内を暖めている。温暖化防止が叫ばれる中、化石燃料の使用料を減らした農業の可能性を探ろうと、センター内にあるビニールハウス約100平方メートルを利用し初めて試みた。

 計画だと、村内で出たリンゴなどのせん定枝や間伐材を木質ペレットの原料にする。

 ボイラーの最大出力熱量は約1万3300キロカロリー。ペレットボイラーを深夜から朝方にかけて稼動させ、さらに加温が必要な場合は重油ボイラーも併用する。

 ペレットボイラーの設置やイチゴ栽培施設費など、総事業費は約350万円で、県の補助金260万円を充てた。村は今後、ペレットと重油の燃料費の比較などを行い、イチゴ農家への普及を目指していく。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

山梨工区の広河原斜坑を公開

5月12日水曜日15:51

学習の集大成を披露

5月12日水曜日15:24

開始早々初回分埋まる

5月11日火曜日15:49

東北にいってらっしゃい

5月11日火曜日15:41

自然とアートが融合

5月10日月曜日15:58

飯田が17年ぶりに南信制す

5月10日月曜日15:51

村の新たな観光拠点に

5月8日土曜日13:17

30匹が元気よく

5月8日土曜日13:01

「参加者の安全確保して」

5月7日金曜日15:42

屋外で多彩な催し

5月7日金曜日15:53

2度の延期乗り越え門出祝う

5月4日火曜日13:01

クリンソウが開花

5月4日火曜日13:10

焼き肉のたれでヒットを

5月3日月曜日13:00

子どもたちの声援を力に

5月3日月曜日13:22

連帯し未来切り開く

5月1日土曜日13:38










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞