喬木村の菊花農園でハナモモ見頃

地域の話題

[ 2019年 4月 19日 金曜日 15時23分 ]

 喬木村阿島の帰牛原にある「菊花農園」でハナモモが見頃を迎えている。赤、白、ピンクの三色に咲き誇り、来場者を楽しませている。

 管理する松澤俊子さん(70)によると、ハナモモは種や苗から育て、園内に約450本植わる。今年の開花は例年に比べて1週間ほど遅いという。開花時期の違う品種があるため、4月末まで楽しめる。

 ハナモモの周囲には2万株ほどのスイセンも植わり、ほのかな香りを漂わせている。5月には5000株のアイリスが咲き始め、秋にはヒガンバナを楽しめる。

 農園は喬木第一小学校の北約300メートルの帰牛原大久保地区に位置し、一帯はなだらかな斜面。かつては雑木林や遊休農地になっていた荒地で、松澤さんが10年前に約2ヘクタールを借りて整地した。

 「花桃祭り」を開催中で、入場は無料。五平餅や地元農産物を販売している。問い合わせは松澤さん(電話090・3150・6502)へ。

◎写真説明:見頃を迎えたハナモモ

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

伝統の柚餅子継承へ

12月1日火曜日15:21

8万球が冬夜を彩る

12月1日火曜日15:41

創作神楽でコロナばらい

11月30日月曜日16:20

誇れる文化を毎年発信

11月30日月曜日16:09

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞