喬木村伊久間のポピー鮮やかに

地域の話題

[ 2012年 5月 28日 月曜日 16時47分 ]

 喬木村伊久間の伊久間ポピーの会(増田隆代表)が管理する観光ポピー園で、ポピーが赤や黄に色付き始めた。花は5分咲きで、見頃は今週末から来週始めになりそう。

 同園は縄文の丘公園の近く。約40アールの畑に、真っ赤な花弁が特徴の「シャーレーポピー」や黄色い「カナディアンポピー」を中心に約3万株が植わる。春先の寒さの影響で例年より1週間ほど遅い開花。

 小型の白やピンクの品種も色付き、広い園内の彩りを一層引き立てる。朝から気温が上がった26日は多くの花が鮮やかに開き、訪れた花愛好家らの目を楽しませていた。

 同会の男性(60)は「天候不順もあって心配したけど順調に育っている。大勢の人に見てもらえたらうれしいです」と来園を呼び掛けている。

 年々増える遊休農地の解消策として、同会が13年前に15アールほどの遊休農地に種をまいたのが始まり。花愛好家などから反響が大きく、株分けをしながら植栽面積を広げた。

 ポピーは、ケシ科ケシ属を総称する一年草の植物。茎の高さは60センチほどになり、大きなもので直径10センチのかれんな花を咲かせる。

 6月10日まで一般に開放し、開園時間は午前9時から午後4時半まで。入園料200円(切り花10本付き)。問い合わせは、村たかぎ農村交流研修センター(電話0265・33・3999)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞