喬木村富田で伝統野菜のニンニク収穫

地域の話題

[ 2018年 6月 22日 金曜日 15時29分 ]

丸々と育ったニンニクを掘り起こす

 県「信州の伝統野菜」に認定される喬木村のニンニク「赤石紅(くれない)にんにく」の収穫作業が22日、富田地区のほ場であった。栽培グループ「赤石紅にんにく生産者組合」によると冬場の天候に恵まれ、収穫量は倍に。「最高のでき」と笑みを浮かべた。

 伝統野菜を守ろうと、生産者ら12人が集まって2014(平成26)年に生産組合を発足。専用のニンニク畑10アールを設けて栽培している。

 本格的な収穫作業は2年目で、この日はメンバーや村職員が参加し丸々と育ったニンニクを掘り起こした。

 収穫量は1トンを見込む。収穫したニンニクは地元の直売所「楽珍館」などで販売するほか、乾燥後に「黒ニンニク」などに加工する。黒ニンニクは乾燥ニンニクを使用し、甘味が増して食べやすいという。会長の木下勇人さん(80)は「地元に残るニンニクを広めていきたい」と話した。

 15年に信州の伝統野菜に選定された。

 同組合によると、詳細な来歴は不明だが、大正時代には既に栽培されていた。在来種を守り続けるために毎年、種球を自家採取。富田を中心に村南部の大和知や氏乗でも栽培される。

 鮮やかな赤紫色の外皮が特徴で、名前の由来にもなった。独特の辛味があり、他の品種に比べにおいも強い。

 信州の伝統野菜は、地域の気候風土に育まれて昭和30年代以前から栽培されていることや行事食、伝統食が伝承されていること、固有の品種特性が明確なことを基準に07年に制度化。料理や農業、青果流通の専門家らでつくる委員が選定している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

猛暑の一騎打ち 阿部、金井候補が舌戦開始 知事選が告示

7月19日木曜日15:41

春草の「鎌倉時代闘牛の図」が市有形文化財に 学生時代に制作

7月19日木曜日15:14

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34