困難乗り越える力を 感環自然村、大平へ自転車キャンプ

地域の話題

[ 2017年 9月 26日 火曜日 15時31分 ]

自転車で大平へ向かう小学生

 子どもたちの自然体験事業を手掛けるNPO法人感環自然村(坂井公淳代表)は23、24の両日、大平宿へ自転車で向かい廃校舎で一泊する「大平自転車キャンプ」を開催した。

 体力づくりを兼ねた中学生向けの企画として始まり6年目。今年は台風のため1週間延期となり、初めて小学4年生のみを対象に実施した。

 妙琴公園に集まった小学生4人は自分の自転車に乗ると、通行する車両に気をつけながら主要地方道飯田南木曽線(大平街道)を大平方面へ向かった。

 大平宿へ到着すると、自然散策や古い建物を見たり、読書をしたりと自由に活動し、たき火での炊飯をして廃校に宿泊。翌日も車に気をつけながら長い坂道を自転車で下って帰った。

 伊賀良小4年の児童(9)は「山に登ったことはあるけれど、皆で自転車で行くのも楽しい」と笑顔を見せた。

 代表の坂井さん(49)は「上り道は苦しいが、やりきったときの経験は自信になる。いままでで一番年が小さいけれど、とても元気が良く取り組んでくれた」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号