国道152号の豆嵐地区バイパス区間が開通

地域の話題

[ 2011年 7月 5日 火曜日 9時32分 ]

 三遠南信自動車道の現道活用区間として、県が整備する飯田市の国道152号のうち、上村の豆嵐(まめぞれ)地区のバイパス区間(上中郷工区)が3日午後2時に開通した。記念式典が同日午前に現地であり、地元住民や関係者らが、2車線化に伴う利便性や安全面の向上を喜び、今後のさらなる地域振興を期待した。同工区(約1・1キロ)の開通により、1977(昭和52)年から進められてきた向井万場拡幅事業は全線(約6・3キロ)完了となった。

 3日開通の同工区では、喬木村方面から豆嵐橋(長さ78メートル)、豆嵐トンネル(同470メートル)、宮の下橋(同125メートルを連結整備。付近の旧道は幅員が狭く、車両同士のすれ違いが困難なため、トンネル部分は信号による片側交互通行が行われていた。

 豆嵐トンネル内での開通式は国道152号整備促進飯田市遠山郷期成同盟会が主催し、事業関係者や地元住民ら150人余が参加した。上村まちづくり委員会の熊谷貞夫会長はあいさつで、開通に伴う利便性の向上や交通安全の確保などを喜び、今後の観光や産業の振興を期待。「国道152号は遠山郷の生命を守る道。南信濃の未整備区間についても早期の開通を願う」と力を込めた。

 県建設部の堀内秀部長は「35年来の向井万場拡幅事業工区の完成により、交通の安全、円滑化、さらには飯伊の交通ネットワークの強化、産業振興、健康福祉の向上などが期待される」と指摘。三遠南信道の関連事業に言及し「厳しい財政状況だが、早期の全線開通に向け、期待に応えたい」と述べた。

 テープカットとくす玉割りに続き、地元の上村中郷獅子舞の先導で出席者らが宮の下橋までをパレード。「長く丈夫に」を願っての「親子三世代渡り初め」もあり、ひ孫を含む一家8人で担った近くの男性(82)は「開通は住民の悲願であり、本当にありがたい」と笑顔で話した。

 県が整備する三遠南信道の現道活用区間は計21・1キロ。県飯田建設事務所によると、南信濃の小道木バイパス(1・7キロ)、和田バイパス(4・1キロ)、小嵐バイパス(2・4キロ)の未整備工区について、本年度中に橋下部工や用地補償などの事業に着手する。県境の青崩峠道路は国が担う。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞