地元企業11社がエコバイク研究会立ち上げを発表

地域の話題

[ 2010年 12月 23日 木曜日 9時04分 ]

 飯伊地場産業センター内の組織である飯田ビジネスネットワーク支援センター(通称・ネスク―イイダ、下島敏正代表幹事)を中心とした地元企業11社が21日、エコバイク研究会の立ち上げを発表した。モノづくりから新たな地域ブランドの確立を狙い、環境に優しい電動バイクの独自開発に挑戦する。来年度末までには試作品第1号を作り上げる予定だ。

 きっかけは、第3セクターの共同受注グループ・ネスク―イイダがことし5月に開いたグループ内交流会。電動二輪車事業化検討の提案が行われ、以来、9月までに4回の検討会で課題研究や視察を実施。実質的には10月に同会を立ち上げ、中国製バイクの分解検証などを含み、方向性や進め方を検討してきた。

 参加企業はプレス、切削加工、機械設計などのネスク加盟企業9社と環境建築関連、販売業者各1社の計11社。次世代輸送用機器産業となり得る環境産業の育成と地域製品ブランド化の創生を目的に掲げる。

 電動バイクの主要部のうち、バッテリーを除くモーターやモーターを制御するコントローラーを手掛けて完成品を作る計画で、飯田下伊那のようなこう配の多い地域に適するような馬力のあるエコバイクを目指すと共に、充電できる場所などインフラ整備も視野に入れる。

 国産では大手メーカーが先行販売する中で「販売実績はそれほどではない」と市場参入の可能性を指摘。会長を務めるクロダ精機(豊丘村神稲)の山本学社長(53)は「モノづくりへの挑戦であり、夢を形にしたい。1歩を踏み出さなければイノベーションに結び付かない」と語る。

 来年3月末をめどに具体的な事業計画を作り、2011年度内には目に見える形にまでもっていきたい考えだ。山本社長は「環境都市内の企業として、環境製品という一つのアイテムを創出したい。地域の特性にマッチした、地域に貢献できるようなものを生み出すことができれば」と話している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21

子ヤギ30頭の競りに沸く

8月4日火曜日15:57

御用聞き事業本格スタート

8月3日月曜日16:47

飯田市で販売始まる

8月3日月曜日16:14

学生主導で魅力伝える

8月1日土曜日13:33








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞