地域のクリスマス彩る

地域の話題

[ 2020年 12月 26日 土曜日 13時05分 ]

 豊丘村の福島てっぺん公園で19日から25日まで、イルミネーションが飾られた。今年は密集を避けるため、事前の告知や宣伝をせずに実施。青色を基調にしたLEDライトで医療従事者に感謝を示すとともに、地域のクリスマスシーズンを彩った。

 伊那谷の夜景とともに楽しめるイルミネーションとして知られる。毎年、夏の灯籠まつりとともに福島てっぺん公園の代表的な行事として続いてきた。

 今年は灯籠まつりが中止となり、棚田オーナーによる交流イベントもなかった。イルミネーションも中止が検討されたが「このままでは地域の活動が失われてしまう」と規模を縮小して決行した。

 駐車場が狭く、通常開催すればマイクロバスによる送迎が必要なことから、告知など事前周知を一切行わなかった。地域の住民や、山の明かりを見て訪れる人などがひっそりと楽しんだ。

 規模は例年の半分程度だが、公園周囲にはクリスマスツリーやサンタクロースなどを模した電飾が並び、幻想的な雰囲気に。不安を抱えながら業務に当たる医療従事者に感謝の気持ちを示す青色を基調にしたイルミネーションも飾った。

 福島区の林茂治区長(71)は「今年はコロナ禍で地域の行事がほとんどできない状態だった。皆で作り上げてきた活動を来年につなげるためにと、最後にイルミネーションを行った。地域の皆に明るい気持ちで新しい年を迎えてもらいたい」と話した。

◎写真説明:てっぺん公園のイルミネーション

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞