地域の伝統芸能に親しむ

地域の話題

[ 2020年 12月 16日 水曜日 15時51分 ]

 高森町下市田の萩山郷土芸能保存会(古瀬栄一会長)の獅子部と下市田保育園の園児との交流会が15日、下市田区民会館であった。コロナ禍で春祭りの奉納が中止となったが、園児たちは本番さながらの獅子舞を見たり、獅子頭に触れたりと、地域の伝統芸能に親しんだ。

 同園では運動会に祭りの太鼓や踊りを取り入れており、子どもたちが獅子舞に興味を持ってきた。保護者会長の北條智也さんが保存会の獅子部の一員だったことから、交流会が実現した。

 萩山神社の獅子舞は200年以上の歴史があり、「門外不出」との言い伝えにより獅子舞フェスタなど他の行事に参加していない。小学生演じる松王、梅王、桜丸の3人の獅子ひきが、主君のあだを獅子頭に見立てて討ち果たすという歌舞伎の場面を再現している。

 交流会では、屋台獅子ではないものの、3年前に新調した本獅子頭を使用して本番さながらの舞を披露。園児たちも「あよやさー、さーい」という獅子を起こす掛け声に加わった。

 後半は、実際の獅子頭を貸し出して触れ合い体験をした。獅子頭を持ったり、頭をかんでもらったり、幌(ほろ)に入ったりと思い思いに楽しんだ。

 獅子部の矢澤克浩部長(51)は「思い出に残る体験をすることで、子どもたちが大人になった時に担い手として受け継いでいってほしい」と話した。

◎写真説明:獅子舞に触れる園児ら

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35

集団接種5月14日から

4月14日水曜日15:15

三位一体 魂吹き込む

4月13日火曜日16:41










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞