地域の貴重な植物守ろう

地域の話題

[ 2020年 5月 26日 火曜日 15時42分 ]

 

 松川町の社会教育委員らは24日、町天然記念物で県絶滅危惧種のツツザキヤマジノギクの保護活動を元大島の天竜川右岸で行った。オオキンケイギクをはじめとする外来種を引き抜き駆除した。

 例年は学習活動を兼ねて町民から広く参加を募り、天竜川上流河川事務所と連携して展開している。今回は新型コロナウイルスのため、社会教育委員ら10人ほどで小規模に実施。同事務所は、別の日に外来種の駆除作業をする。

 例年より参加人数が少ないため、10メートル×10メートルほどの保護区画周囲で重点的に作業を行った。参加者は写真付のカードを手に葉の形を見分けながら、オオキンケイギクやマツヨイグサなどを引き抜き、袋に詰めて回収した。

 以前の保護区画が一昨年の台風で土砂に埋まったため、保護区画を新たに設けた。昨年秋に予定した観察会は台風19号の影響で中止したが、社会教育委員会の調査では、新たな区画内にツツザキヤマジノギクが多数確認されたという。

 通常、ツツザキヤマジノギクは10月中旬から下旬に花の最盛期を迎えるが、同日の作業時点ですでに花が咲いている株も見られた。

 社会教育委員会の小島愼司委員長(50)は「地域の貴重な植物。外来種が広がり、台風などの影響もあるが、地域の皆で手を入れて守っていきたい」と話していた。

 ツツザキヤマジノギクは、ノギクの仲間で花びらが筒状(舌状の個体もある)に咲く。町天然記念物で、県のレッドリストで「絶滅危惧IA類」に指定されている。町や天竜川上流河川事務所などを中心に2010年ごろから保護活動に取り組んできた。

◎写真説明:ツツザキヤマジノギク

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田最後の個人書店が閉店

4月22日木曜日15:23

大鹿歌舞伎の春定期公演

4月22日木曜日15:21

北部5町村でワクチン接種券配布

4月21日水曜日15:09

春の星空を堪能

4月21日水曜日15:35

1人超過の激戦始まる

4月20日火曜日16:35

接種券の発送始まる

4月20日火曜日16:26

コロナ禍の舌戦始まる

4月19日月曜日15:49

新造船「布袋丸」が完成

4月19日月曜日15:07

天龍村議選20日告示

4月17日土曜日14:27

ライトアップで街道彩る

4月17日土曜日14:59

3人落ちの選挙戦へ

4月16日金曜日15:50

甘酒入り食パンを開発

4月16日金曜日15:09

将来の担い手に魅力伝える

4月15日木曜日15:46

旬の味覚を味わって

4月15日木曜日15:45

楽しみ共有できる場に

4月14日水曜日15:35










記事の検索はこちらから





















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞