壮観な自然の造形美、根羽村でつらら群

地域の話題

[ 2011年 1月 14日 金曜日 15時58分 ]

 根羽村を流れる根羽川(矢作川)沿いで、年末年始からの厳しい冷え込みにより、岸壁からしみ出す地下水が凍ったつらら群が姿を現した。

 場所は、平瀬橋上流150メートル付近の左岸と、下流200メートル右岸。下流右岸では竹やぶに覆われた岸壁から、長さ10センチ余りから2メートル以上の大小さまざまな氷柱が垂れ下がり、自然が作り出す造形美が壮観だ。

 現地一帯は「古根羽火山」の中心火口内。大規模な爆発噴火の証拠が残る「弁天露頭」の部分に当たり、露頭の観察も併せて楽しめる。平年より寒い日が続き、年明け早々から、見事な氷の芸術が現出している。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

県内駅の構造物明らかに

11月28日土曜日14:40

災害想定し避難所開設

11月28日土曜日14:10

シトラスリボンに賛同を

11月27日金曜日15:09

全町民対象に検査補助へ

11月27日金曜日15:00

適切な除雪で交通確保

11月26日木曜日16:50

働く先輩の声に夢膨らむ

11月26日木曜日16:08

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞