売木村で「三遠信州協力隊と地域の素敵な人の集まり」

地域の話題

[ 2013年 12月 2日 月曜日 12時46分 ]

 地域おこし協力隊と地域支援や活性化に取り組む住民の交流会「三遠信州協力隊と地域の素敵な人の集まり」が29日、売木村の民宿ゆりかで開かれた。飯田下伊那だけでなく中信や県境を挟んだ愛知県奥三河の協力隊も参加。互いの活動を語り合い、中山間地域を盛り上げていく決意を新たにした。

 同交流会は協力隊と協力者のつどいとしてことし7月に泰阜村で始まり今回が2回目。協力隊だけでなく、地域を舞台に活動する住民たちも参加するのが特徴。情報交換を通じて参考にしたり、実際に協力するなど互いの活動の幅を広げていく場になっている。

 今回は幹事の売木村地域おこし協力隊員の計らいで、県内や三遠南信地域の協力隊にも声を掛け、中信から小谷村と王滝村、愛知県から豊根村と東栄町、設楽町の協力隊も訪れた。協力隊以外では愛知大学地域政策学部の教授、協力隊とともに地域を盛り上げようと取り組むNPOや事業主、一般住民らが参加した。

 協力隊の業務は個別の事業に取り組んだり、職員同様の業務をする人まで町村や個人によってさまざま。集まった人々は、シカ肉の鍋を囲みながら互いに情報交換した。自己紹介やPRタイムもあり、自分の活動や地域おこしへの思いを語っていた。

 交流会に参加した売木村の清水秀樹村長は「外からの目は大事。協力隊は村の中では気付かないことを新たな発想で、昔からのしがらみに捉われずに取り組んでくれる。それが村に活力を与えてくれる」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

土地取得し、造成後も管理

7月10日金曜日15:15

事業安定させ次世代へ

7月10日金曜日15:31

ルミナコイドに注目を

7月9日木曜日15:41

12年ぶり選挙戦へ動き加速

7月9日木曜日15:39

飯伊初の「大雨特別警報」

7月8日水曜日15:15

飯田の夜空に大輪の花

7月8日水曜日15:42

現職金田氏無投票で再選へ

7月7日火曜日15:52

赤く色づき肥大順調

7月7日火曜日15:04

伍和地区でデマンドタクシー

7月6日月曜日15:05

現職清水氏が3選

7月6日月曜日15:38

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞