売木村で国士舘大競歩部とふれあいウオーキング

地域の話題

[ 2011年 8月 12日 金曜日 9時35分 ]

 売木村を会場に合宿を行う国士舘大学競歩部の学生との交流を兼ねた「ふれあいウオーキング」が10日、村内で開かれた。同村で山村留学を手がける育てる会のサマーキャンプ参加者や村の一般住民などが参加し、約4キロの道のりを歩いて村の自然と交流を楽しんだ。

 国士舘大学競歩部は、同校OBでソウル五輪競歩代表の酒井浩文さん=豊丘村=を通じて昨年から同村を夏の合宿地に選んでいる。ことしは8日から16日までの間、コーチを含む15人が合宿。住民交流を兼ねてウオーキングも開かれた。

 ウオーキングには、全国から集まった25人のサマーキャンプの小中学生も参加。同キャンプは7日から18日まで滞在し、渓流や里山で自然体験の活動を続ける。

 講師の酒井さんから競歩や正しい歩き方について話を聞き、学生たちと自己紹介した後は、村内めぐりを兼ねてウオーキングへ出発。コースは文化交流センターぶなの木から村中心部1周する約4キロで、子どもたちや学生が話をしながらゆっくりと道のりを歩いた。

 横浜市からサマーキャンプに参加した男子(12)は「売木村は自然が多くて虫もいっぱい。釣りや虫捕りや自然探検が楽しい。空気や水もおいしい」と話す。

 国士舘大3年で合宿チームのリーダーを務める学生(20)は「ここは起伏に激しいさまざまなコースが設定できる。標高が高く避暑にもいいので合宿に適した場所だ」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞