売木村で「うるぎ米育て隊」がスタート

地域の話題

[ 2016年 4月 23日 土曜日 8時47分 ]

 売木村の農業体験「うまい!うるぎ米育て隊」の本年度事業がスタートした。名古屋や浜松方面を中心に約60人が参加。もみまきから田植え、草取り、稲刈り、脱穀までの稲作体験をメーンに、季節の農体験などを通じて地元農家との交流も深める。

 一昨年度までは皆勤賞に米1俵をプレゼントした人気企画もマンネリ化を避け、昨年度から「一生懸命作らないと収穫量が増えないことも知ってもらいたい」(実行委員会)と、申し込み人数で田の広さを決め、参加日数で贈呈米の量を決める。

 ことしは家族での参加が増え、リピーター率50%。このほど開いた初回はもみまきとシイタケの駒打ちを体験した。

 もみまきでは肥料と水を混ぜて育苗器に敷き詰め、ハウスの奥から順番に並べた。愛知県東海市から訪れた親子は初参加。「米作りは大変だということを、体験を通じて子どもに感じてもらいたい」、「初めての経験でとても楽しみ」と積極的に作業に参加していた。

 実行委員会によると、全7回参加で玄米30キロほどをプレゼントする予定。米作りのほかにもワラビ採りやブルーベリー狩り、トウモロコシの収穫も行い、10月末の最終回は「新米を味わう昼食収穫祭」を開く。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

臨時休校の方針決める

2月28日金曜日16:11

焼肉と音楽で飯田を熱く

2月28日金曜日16:44

伊那山地「戸中」今夏着工へ

2月27日木曜日15:07

飯田市がコロナウイルス対策本部設置

2月27日木曜日15:13

新型肺炎影響受け「また交流しようね」

2月26日水曜日15:29

県がコロナウイルスで基本方針策定

2月26日水曜日15:23

先輩移住者との交流も

2月25日火曜日15:39

牧野氏が市長選に立候補の意向表明

2月25日火曜日15:33

愛称は「渋谷りんごパーク」

2月24日月曜日14:16

3日間の窯たきまっとう

2月24日月曜日14:34

好例を課題解決の糸口に

2月22日土曜日14:50

「2020」本達成に笑顔咲く

2月22日土曜日14:49

拳銃置き忘れる

2月21日金曜日15:01

「今年も来てね!」と願い込め

2月21日金曜日15:06

「伝える」「伝わる」喜び体感

2月20日木曜日15:30








記事の検索はこちらから














スポンサーリンク


南信州電子版購読

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞