売木村の米そだて隊が最後の脱穀作業

地域の話題

[ 2009年 11月 3日 火曜日 8時13分 ]

 売木村の米作り体験「うまい!うるぎ米そだて隊」(売木村イベント実行委員会主催)の脱穀作業が31日、村内の田んぼで開かれた。

 年間7回にわたる最後の体験には遠方から親子35人が参加。最終日のこの日は7回すべて参加した皆勤者23人にそれぞれ米1俵(60キロ)を進呈。足しげく売木に通った参加者の中には「この村に住みたい」「これからも米をつくりに来たい」と考える人もいた。

 皆勤賞の米60キロに釣られて定員以上の申し込みが殺到して始まった米作り体験。4月のもみまきから田植え、草取り、かかし作り、稲刈りといった稲作の体験を続けてきた。

 この日の脱穀体験では、稲はざから稲を下ろして脱穀機にかけるという作業に黙々と取り組んだ。昼食では恒例の釜で炊いた売木米とキノコ汁を何度もお代わりして味わい、終了式では収穫した米が進呈された。参加者の8割が皆勤になり、なかには一家4人皆勤で計240キロを持ち帰る人も。主催者から60キロの米袋を受け取った参加者は、ずしりとした重みに米作りの達成感を感じていた。

 イベントに参加するまで売木村を知らなかったという人も毎回欠かさず参加するうちに、村の自然や人柄にほれ込み、どうしても住んでみたいと思う人も出てきた。

 上田市に住む宮沢幸宏さん(43)は「自然がきれいで土地も良い。都会の影響がなくのどかな村だ」と村の印象を語る。家族には反対されているため実際にIターンするかは検討中だが、村の魅力に住んでみたいと思うようになった。

 愛知県刈谷市から夫婦で参加してきた清水潤子さん(38)は、初めはコンビニもなく店もなく不便だという印象だったが、何度か足を運ぶうちに「田舎のお家に帰ってきたという気分。こういう暮らしもありかなと思う」とすっかり村に馴染んだ様子。

 「初めは遠かった売木も通ううちに近くなったんだと思う」と清水秀樹イベント実行委員長。「村を気に入ってこれからも足を運んでくれる人、住んでみたいと考える人が出てくれた。米1俵の進呈は赤字覚悟だが、これからのことを考えればそんなに大盤振る舞いでもない」と話していた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

晴天の下大にぎわい

10月26日月曜日15:33

三菱重工業がスペースジェット凍結へ

10月26日月曜日15:31

コロナ禍で修学旅行増

10月24日土曜日13:16

5カ国の醸造所とコラボ

10月24日土曜日13:42

間伐材利用で「布」作り

10月23日金曜日15:48

歴史や文化学び絆つくる

10月23日金曜日15:59

安全安心な観光アピール

10月22日木曜日15:31

3年上田さんが県大会優勝

10月22日木曜日15:21

「災害時にどう手助けする」

10月21日水曜日15:43

永嶺氏が無投票で再選

10月21日水曜日15:45

「対話と現場主義貫く」

10月20日火曜日15:17

デザイン一新、乗り心地を向上

10月20日火曜日15:23

飯田市長に新人佐藤氏

10月19日月曜日1:59

「16年の支えに感謝」

10月19日月曜日0:39

「これからが本当の戦い」

10月19日月曜日0:28








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞