夏に向け「さっぱり」

地域の話題

[ 2020年 5月 19日 火曜日 15時53分 ]

 飯田市扇町の飯田市動物園は17日、羊の毛刈りを行った。熱中症予防のため、毎年5月ごろに実施。1時間半ほどかけて全身の毛が刈られた羊は、軽やかに外を跳びまわっていた。

 1年ぶりに毛を刈られたのはメスの「くるみ」。3人の飼育員と専属の獣医が身体を保定し、15センチほどの長さに生えそろった毛に電動シェーバーを入れた。

 獣医によると、シェーバーの重みを使って刈り進めることがコツ。たいていの羊が嫌がり抵抗するが、くるみは大人しい性格で「こんなにいい子でいる羊は初めてだ」と笑った。

 毛刈りを終えて飼育員の大崎康平さん(29)は「関節などの細部は難しく苦労した。羊になるべくストレスを与えないためにも、もっと早く上手に刈れるようになりたい」と話した。

 園内の羊は一頭のみで、毛刈りも年に1度。なかなか上達せず苦労しているが、年々時間は短くなっているという。

 刈った毛は約5キロ。軽くなった身体で外へ出たくるみは、同じ柵内で生活するヤギのポリスと餌を食べた。

 動物園は新型コロナウイルス感染症拡大に伴い、31日まで休園している。再開後は刈り取った毛を使った手作り体験教室を開く予定だ。

◎写真説明:保定して刈り進める

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     







記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞