夜行性動物が一味違う姿

地域の話題

[ 2020年 8月 10日 月曜日 14時53分 ]

 飯田市扇町の飯田市動物園は8~10日に「よるのいいだどうぶつえん」を開いた。多くの来園客でにぎわった9日は、クイズやガイドツアーなどさまざまなイベントが行われ、夜行性の動物はいつもと一味違う活発な姿を見せた。

 イベント広場で行われた○×クイズには、子どもから大人まで多くの客が参加した。1問目に園のウサギに関する問題が出されると、まさかの全員不正解。飼育員が「今のは練習ですよね」と笑って仕切り直し、参加者らは再び挑戦した。

 フサオマキザルの飼育頭数や、ポニー「大五郎」の食事回数を問う問題など、全5問の出題で優勝者が決定。園のオリジナルTシャツがプレゼントされた。

 日が落ちるとアムールヤマネコやアライグマたちの動きが活発に。飼育員が夜行性の動物の紹介をする「夜限定!ガイドツアー」やビーバーの観察ショーに多数が集まり、夜間ならではの動物たちの姿に「かわいい」と声を上げた。

 夜の開園は10年以上続く園の恒例イベント。今回から名称を「ナイトズー」から「よるのいいだどうぶつえん」に変更し、内容もリニューアルした。 

 イベント広場にはたこ焼きやかき氷などのキッチンカーが出店。園がデザインしたどうぶつパンも限定で販売した。

 イベントで子どもたちが作成したペットボトルライトや飼育員オリジナルのあんどんが来園客の足元を照らした。

 2日続けての来園だという同市伊賀良在住の園児は「サルが追いかけっこしているのが面白かった」と笑顔。上伊那郡飯島町から訪れた年中の園児(5)は「小さい動物が好き。アライグマがふわふわでかわいかった」と話した。

◎写真説明:ライトで照らされたペンギン水槽

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

たくさんの笑顔と感動を

8月5日木曜日15:47

「りんごん」一転中止に

8月5日木曜日15:35

市町村走り継ぎ要請

8月4日水曜日15:39

五輪出場選手が来町

8月4日水曜日15:25

ゲレンデを橙色に染め

8月3日火曜日16:56

夏越の祓奉納演奏を

8月3日火曜日16:46

応援と感謝の気持ち込め

8月2日月曜日15:08

水鉄砲で暑さ飛んでけ

8月2日月曜日15:43

県がトンネル新設を計画

7月31日土曜日13:40

橋南の夏休み子ども教室

7月31日土曜日13:52

住民や園児の手製が並ぶ

7月30日金曜日15:18

2年ぶり全国の舞台へ

7月30日金曜日15:00

目指すはベスト8

7月29日木曜日15:54

「村のチーム」で勝ち上がる

7月29日木曜日15:00

スポーツ活動検討委員会 中学部活動など意見交換

7月28日水曜日15:22








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読

スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞