夢かなえ隊が園児らに田植え体験

地域の話題

[ 2016年 6月 3日 金曜日 9時06分 ]

鼎で小学生田植え 農作業を通して飯田市鼎の活性化を目指す青年組織「夢かなえ隊」(木下周次会長)はこのほど、鼎小学校の5年生全4クラスと鼎東保育園、鼎幼稚園の園児に田植えを体験する機会を提供した。約180人が交代で水田に入った。

 

 昨年の小学生コメづくり体験は5年生1クラスだけが関わったが、ことしは小学校側の要望で学年全体に拡大。児童は矢高稲荷神社近くの水田にクラスごと訪れ、木下さんらメンバー13人の指導で苗を植えた。

 

 田植えをするのはこの日が初めてという男子児童は「意外と難しいことが分かった。苗は簡単には立たないし」と話していた。

 

 今後の管理は夢かなえ隊が担うが、子どもたちも草取り、かかし作りなどテーマを決めて田に関わり、稲刈りや餅つきも体験する。

 

 木下さんは「初めての子が大半だったが、手間取りながら楽しく作業ができた。勉強にも役立ててもらえれば」と意欲的な学習に期待した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        


南信州新聞公式アカウント
@minamishinshu







2018年元旦号企画
webで電子版「南信州」を購読

南信州オンラインブックストア
新刊情報



平成二十六年丙申歳 飯田お練りまつり
著:飯田お練りまつり奉賛会編
 出版社:南信州新聞社出版局

連載記事
南信州飯田観光ガイド2016秋・冬号