大型連休 動物園で多彩なイベント~生息環境展示も楽しんで~

地域の話題

[ 2014年 5月 2日 金曜日 13時00分 ]

 「春の動物園まつり」を開催中の飯田市立動物園。大型連休中も、先月末にリニューアルしたばかりのイノシシ、タヌキ獣舎をはじめ、動物たちが実際に生息する環境を再現した「生息環境展示」で人気のペンギンやカモシカなど、愛らしい動物たちがお出迎え。合わせて多彩なイベントも開催し、来園者を楽しませる。

 3日から6日の午前11時から正午には、いろいろな動物のウンチを見比べてみる「ウンチにタッチ」を開催。ゾウのウンチ(標本)を触ることもできるという。

 また、手形でうろこを作り、ミニこいのぼりの形をした紙に絵を描いたり色を塗ったりする「こいのぼりを完成させよう」は6日まで参加可能。完成したオリジナルこいのぼりは、11日まで園内に展示する。

 この他、フンボルトペンギンやミーアキャットのお食事タイム、フサオマキザルのクルミ割り、ウサギ、モルモット、ヒツジ、ヤギなど小動物とのふれあいタイム、ビーバーの巣直しなど、定期イベントも充実。同園では「この機会にぜひ来園いただき、動物たちとの触れ合いをお楽しみください」と呼び掛けている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)