大宮桜並木にイルミネーション点灯

地域の話題

[ 2016年 12月 14日 水曜日 15時11分 ]

002桜並木

 飯田市街地の桜の名所「大宮通り」で13日夜、イルミネーションの点灯式があった。あいにくの雨となったが、近くの住民や帰宅途中の会社員らが足を止めた。

 大宮通り桜保存会や東野連合青壮年会などでつくる実行委員会が主催し、昨年に続いて企画した。約2万個のLED電球を使って桜の木や周辺に飾り付け、傘を重ねたかわいらしい作品も並んだ。

 この日の点灯式には実行委ら約30人が参加。牧野光朗市長のカウントダウンを合図にともすと冬空に幻想的な世界が広がり、来場者から「おー」の声。傘をさして周辺を散策したり、イルミネーションを背景に記念撮影する親子連れの姿も見られた。

 電球など機材一式は鈴加町出身の矢田和義さん(71)=喬木村伊久間=が提供した。

 東野、橋北の両地区有志を中心に構成する桜並木の再整備に関する検討委員会から出された「1本の樹から始めるイルミネーションプロジェクト」がきっかけ。前回に続き、吾妻町ラウンドアバウト北側の一角に施した。地域の理解と協力で来年は飾り付けの範囲を広げる計画で、保存会長で実行委員長の井上基さん(58)は「丘の上の冬の名所になればうれしい」と話した。

 点灯時間は午後5時から同10時。大宮神社への初詣など年末年始で訪れる人にも楽しんでもらおうと31日は時間を延長する。来年1月14日まで。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

地元産の安全な野菜を

4月8日水曜日17:35

テイクアウト情報を発信

4月8日水曜日17:31

阿智村昼神温泉郷のハナモモが見ごろ

4月7日火曜日16:11

現新の前哨戦 熱帯び始め

4月7日火曜日16:09

青空の下 桜満開

4月6日月曜日16:20

自然感じる憩いの場に

4月6日月曜日15:09

「根羽学園」が開校

4月4日土曜日14:23

名桜巡り「少しでも和んで」

4月4日土曜日14:47

夢へ「一歩」踏み出す

4月3日金曜日15:02

カタクリが見ごろ

4月3日金曜日15:00

訪問看護ステーション開設

4月2日木曜日15:05

ピカピカの1年生が祈願

4月2日木曜日15:24

佐藤氏が出馬正式表明

4月1日水曜日16:56

さらしでマスクづくり

4月1日水曜日16:25

「プール開き」へ清掃に汗

3月31日火曜日15:22








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞