大宮通り桜並木の桜開花宣言

地域の話題

[ 2018年 3月 28日 水曜日 15時06分 ]

開花を確認する土井さん

 飯田市大宮通り桜並木のソメイヨシノの標準木が27日に開花し、南信州広域連合が開花宣言を発表した。平年より8日早く、昨年より10日早い開花。午後3時に開花を確認した気象アドバイザーの土井雅彦さん(65)は「今後の天候にもよるが、開花から5日ほどで満開を迎える。週末から来週初めが見ごろになるのでは」と話した。

 飯田では1953年から2006年まで、旧飯田観測所職員が馬場町や高羽町のソメイヨシノを標準木として開花日を予測。同所の無人化後は、同連合の気象アドバイザーが大宮通り桜並木の中部電力前交差点近くにあるソメイヨシノを標準木に観測を続けている。

 「開花」は桜の花が5、6輪以上開いた状態を指す。この日、土井さんは多くのつぼみが膨らむ中にぽつぽつと咲く薄ピンク色の花を確認し、開花を宣言した。

 平年より早い開花になった要因について、土井さんは「今冬の厳しい寒さで秋に休眠した花芽が目を覚まし、連日の20度を超える気温でつぼみが急激に成長したのでは」と分析した。

 同連合によると、開花日の平年は4月4日、満開日の平年は4月9日。統計開始から最も早い開花の記録は2009年の3月23日、最も遅い開花は1984年の4月19日という。

 ソメイヨシノの開花に伴い、今後多くの花見客が訪れる桜並木では、歩行者の安全性向上と桜の長寿命化を目的とする将来の1車線化を見据え、社会実験が4月20日まで実施されている。

 現在の片側2車線をバリケードなどにより1車線化するとともに、信号のない交差点7カ所で中央分離帯開口部を閉鎖。実験実施前、実験中、実験1カ月後の交通量および速度抑制効果を検証するとともに、最も多くの人が訪れる桜の開花時の交通量や歩行者動線の状況を調査する。

 このほど飯田市東野地区がまとめた基本構想・基本計画では、桜並木を子どもから高齢者まで安心してゆったり歩くことができるよう、桜が植えられる中央分離帯の拡幅による、歩道の確保などをイメージしている。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  
        

最近の記事

松川町 コスタリカTシャツ作成 中学生が考案

7月18日水曜日15:20

近畿ウオーキング笑会、信濃比叡広拯院に500選達成旗を奉納

7月18日水曜日15:54

阿南町で化石発掘体験イベント

7月17日火曜日15:21

飯田の焼き肉を東京から発信 新宿にオープンした飯田屋好評

7月17日火曜日15:09

南信濃で37度記録 飯伊各地で連日の猛暑日

7月16日月曜日14:23

260年の節目を盛大に 川路で合同祇園まつり

7月16日月曜日14:46

人形劇のまち40年② 「人形劇は楽しさ感じる場」 ひとみ座の田川陽香さん

7月16日月曜日14:12

「善意の川」内外に発信 看板を新調 千代小の活動は来年50周年

7月14日土曜日14:41

豊かな自然と交流満喫 泰阜村であじさいウオーキング

7月14日土曜日14:27

新しい園芸品種に認定 森田さん申請の「思伊出桜」

7月13日金曜日15:57

今年は“中華”で鹿肉料理 下農生が高校生レストラン 29日

7月13日金曜日15:30

売木村 愛知大と連携協定 協働のまちづくり推進

7月12日木曜日15:58

県民協働へ発信力向上 県の若手職員が横断チーム発足

7月12日木曜日15:34

人形劇のまち40年① 地元に密着した祭典を フェスタ実行委員長の原田雅弘さん

7月11日水曜日16:37

売木村 村制70周年で記念式典 原風景残し発展誓う

7月11日水曜日15:52