大平峠県民の森で紅葉まつり開く

地域の話題

[ 2010年 10月 27日 水曜日 8時39分 ]

 飯田市上飯田の大平峠県民の森(標高1、350メートル)でこのほど、「紅葉まつり」が行われた。絶好の行楽日和となり、約200人の入山者が真っ赤に色付いたカエデと催しの数々を楽しんだ。

 北方外(ほか)三区財産区(下殿岡、上殿岡、北方、大瀬木)と二区財産区(三日市場、中村)でつくる実行委員会(委員長=松澤平・北方外財産区議長)が中心となり、南木曽側の協力を得て行われ、今秋で11回目。今回はアルプホルンが初めて登場し、山々にこだます澄んだ音色で開会を告げた。

 松澤議長は「大平県民の森は地元の宝。見事な紅葉を眺めながら秋を楽しんで」とあいさつ。集まった人たちは夏焼山、樹木園、国有林の3コースに分かれると、主催者の説明を受けながら約1時間半のハイキングを楽しんだ。

 このうち夏焼山コースでは展望台から南木曽岳、御岳、乗鞍岳までが遠望でき、参加者たちは感激した様子。昼には現地で採れたクリタケがたっぷり入った豚汁を、それぞれが持参したおにぎりとともにマイ食器で味わっていた。

 昼食中にはケーナと「森友太鼓」の演奏を鑑賞。下伊那地方事務所によるシカ肉とチーズの薫製、マイはし作り体験もあり、子どもたちが挑戦した。参加者には木曽ひのきで作った五膳セットがみやげとして贈られた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

花火の下で盆踊りの輪

8月12日水曜日15:13

キバナコスモスが見頃

8月12日水曜日15:52

今年は静かなお盆の様相

8月11日火曜日15:53

ネット通じ平和への思い共有

8月11日火曜日15:38

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31

劇場型機能を集約

8月6日木曜日15:56

「小中併設校」化を答申へ

8月5日水曜日15:11

「次郎長貨幣」8日発売

8月5日水曜日15:47

名場面がスタンプに

8月4日火曜日15:21








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞