大本山本圀寺の貫首に

地域の話題

[ 2020年 12月 4日 金曜日 15時00分 ]

 長源寺(飯田市箕瀬町)の早川英章(えいしょう)住職(77)が来年1月1日から、京都市山科区にある日蓮宗の大本山・本圀寺(ほんこくじ)の第107世貫首(かんじゅ)(最高責任者)となる。晋山式は6月14日。

 山梨県身延町にある日蓮宗の総本山「久遠寺」が「東の祖山」であるのに対し、本圀寺は「西の祖山」と呼ばれている。

 早川住職は2012年に貫首に次ぐ役職の「総監」と参与になり、その後7人いる参与の筆頭に就任していた。

 貫首に推挙されたのは今年4月22日。8月に他界した第104世の伊藤瑞叡貫首の後継者を検討するその後の総代会で認められ、6月に京都から来た使者が「招請状」、貫首専用の袈裟などを持参した。

 伊藤貫首は早川住職の夫人の兄。兄弟が貫首を継承することは本来難しいが、関係者が協議した結果、伊藤貫首と早川住職の間に代務住職を1人挟むことでこの問題を解消した。

 実際の入山は1月4日の予定。しばらくは月の半分は飯田に戻り、長源寺と飯田仏教保育園、上郷なかよし保育園の運営にも携わる。

 檀家への正式な通知は近く文書で行う予定。次男の早川大地さん(39)によると、貫首就任を伝え聞いた檀家はとても喜んでいるという。

 貫首には毎月の大きな行事をトップとして運営するほか、参拝客への対応、僧侶の修行を積む人の指導、修繕・改修の検討など、さまざまな役割がある。

 早川住職は「身命を打ち捨ててお山に尽くしたい。まずは平常心で読経をすることから始めたい」と話している。

◎写真説明:貫首の袈裟を着けた早川住職(長源寺で)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43

「対話通じて前へ進む」

1月20日水曜日15:03

「成り木責め」豊作願う

1月20日水曜日15:29








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞