大雨や台風に備え確認

地域の話題

[ 2020年 6月 25日 木曜日 15時22分 ]

 6月の「土砂災害防止月間」(国土交通省主催)の取り組みの一環として、県飯田建設事務所は25、26の両日、管内の土砂災害危険箇所と避難経路の状況を把握するため点検パトロールを実施した。同事務所や各市町村、飯田広域消防本部の職員らが参加。2日間で6市町村の13カ所を回り、大雨や台風が増加する時期を前に異常がないかなどを確認した。

 本年度の土砂災害防止月間の運動テーマは「みんなで防ごう土砂災害」。近年、全国で多発する土砂災害により毎年多くの人が被災し、犠牲者も出ていることから、防災知識の普及や警戒避難体制整備の促進に重点を置き、土砂災害防止に対する国民の理解と関心を深める狙いがある。

 25日のパトロールは区域ごと2班に分かれて実施。自治体から点検の要望があった飯田市の4カ所と天龍村の2カ所を回った。

 同市座光寺上野地区では、住民から「急傾斜地に指定してほしい」と要望が出されている特別警戒区域内の危険箇所をパトロール。チェックシートを基に、
周囲の植生や湧き水、亀裂の有無など災害の前兆となるものがないかをチェックし、現時点ではすぐに対策が必要な状況ではないことを確認した。参加した飯田市建設部の職員は「急傾斜地に指定し、崩壊防止施設を設置してもらえるよう働きかけていきたい」と話した。

 同事務所整備課の鈴木進課長は「危険箇所を認識してもらえるよう各市町村のハザードマップや県のホームページでさまざまな情報を公開している。自分の周りの状況を知り、防災意識を高めることでいざというときに備えて」と呼び掛けている。

◎写真説明:土砂災害危険箇所を点検する飯田建設事務所と飯田市の職員(同市座光寺)

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

18日に無観客ライブ

7月4日土曜日14:42

被爆アオギリに想い託し

7月4日土曜日13:59

新たな昼の楽しみ提供

7月3日金曜日15:01

ていざなすの出荷始まる

7月3日金曜日15:31

購入希望受け付け始まる

7月2日木曜日16:22

天竜川架橋と日照補償

7月2日木曜日16:37

34人検体採取し全て陰性

7月1日水曜日15:04

餌運ぶ姿に歓声

7月1日水曜日15:21

同じ顔ぶれ一騎打ち

6月30日火曜日15:07

学年超えて自主性育む

6月30日火曜日15:18

「公演楽しみに待って」

6月29日月曜日16:49

千代が誇る自然を体感

6月29日月曜日16:53

「焼肉のおともセット」発売

6月27日土曜日14:18

現新一騎打ちの選挙戦へ

6月27日土曜日14:55

売木村の6宿泊施設がCF開始

6月26日金曜日15:29








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞