大鹿で青いケシ咲き始め

地域の話題

[ 2011年 6月 11日 土曜日 8時11分 ]

 大鹿村の大池高原(標高1、500メートル)にある中村元夫さん(68)の観光農園で、青い花を付ける通称「ヒマラヤの青いケシ」が咲き始めた。11日に開園する。

 昨夏の猛暑などの影響で、例年に比べ10日ほど遅い開花。中村さんは「栽培を始めて17年目になるが、これほど出来が悪いのは初めて」と言うものの、10日は6株で計10輪の神秘的な青い花を付け、待ちわびた花愛好家らが訪れて写真に収めていた。

 直径8センチから10センチの青い花は、珍しさも手伝って人気を集める。昨年の来園者は県内外から1万人を超えた。見ごろは今月中旬から下旬になりそうで、来月末まで楽しめそう。

 中村さんは1994(平成6)年に200株から栽培を始めた。株分けをしながら徐々に増やし、現在では20アールの畑に黄色に咲く品種を含め4種類、約5000株が並ぶ。

 青いケシは高山植物で学名「メコノプシス」。主に中国やヒマラヤなどの高山に分布する。約45種類あるとされ、高いところで標高6、000メートル近くに自生する。秘境に咲く神秘の花としても知られる。

 中村農園は、入園料500円。午前8時から午後5時まで。期間中は無休。問い合わせは大鹿村観光協会(電話0265・39・2929)、または中村さん(電話0265・39・2327)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

戦後73年・伝える記憶4 「語り継ぐ原動力に」 飯田日中友好協会泰阜の木下さん

8月21日火曜日17:48

高森町 「御大人形」がお目見え 六大学野球オールスター戦をPR

8月21日火曜日15:27

三穂小「力を結集する2学期に」 飯伊各地で始業式

8月21日火曜日15:40

記録更新へ力を発揮 陸上の飯伊選手権大会

8月20日月曜日15:34

食べて飲んで至福の1日 「飯田丘のまちバル」盛況に

8月20日月曜日15:06

栄養士会が野菜キャンペーン

8月18日土曜日14:54

南信州広域連合が定例会議開く

8月18日土曜日14:57

戦後73年・伝える記憶3 満蒙開拓を歴史たどる 信州総文祭の高校生

8月17日金曜日18:26

戦後73年・伝える記憶2 「悲劇伝えるきっかけに」 水曲柳会が慰霊碑移転

8月17日金曜日17:09

戦後73年・伝える記憶1 「市民の力で支えたい」 満蒙記念館ボラ木村さん

8月17日金曜日17:37

泰阜村 横前村長が初登庁 風通しのいい行政へ決意

8月17日金曜日15:50

故人供養する花火も 時又で第41回灯ろう流し

8月17日金曜日15:08

お盆に大人の第一歩を 下伊那7会場で成人式

8月15日水曜日13:39

阿南町「新野の盆踊り」幕開け 3夜連続踊り明かす

8月15日水曜日13:19

りんご並木周辺で歩行者天国イベント

8月14日火曜日13:01