大鹿村商工会青年部がストラップ製作

地域の話題

[ 2013年 7月 27日 土曜日 8時09分 ]

 大鹿村商工会青年部は、村イメージキャラクターのストラップを作った。販売開始を前に26日、村教育委員会を訪ね、小中学生にプレゼントした。

 村イメージキャラクターは、大鹿歌舞伎の演目「六千両後日文章重忠館の段」の主役・悪七兵衛景清をデザイン化した「大鹿景清」と、シカをモチーフにした「大鹿鹿丸」の2種類。ストラップには3センチのゴム製の景清と鹿丸が付く2種類あり、それぞれ500個作った。どちらもキャラクターの特徴をとらえ、可愛らしく仕上がった。

 同青年部はさまざまな事業を通じて村民から協力があるといい、地域に少しでも還元できれば―とストラップを製作した。

 この日、青年部長の多田聡さん(39)は「子どもたちに身に付けていただき、村を広くPRしてもらいたい」と述べ、全生徒と児童に贈るストラップを大島博人教育長に手渡した。景清、鹿丸のキャラクターも駆けつけた。

 大鹿保育所の園児にもプレゼントする。

 ストラップは27日から村内の食料品販売店や観光施設、宿泊施設などで販売する。1つ300円、2種類のセットだと500円(いずれも税込み)。問い合わせは村商工会(電話0265・39・2381)へ。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)