大鹿村騒動記ロングラン上映で監督から花

地域の話題

[ 2012年 4月 30日 月曜日 9時26分 ]

 大鹿村を舞台にした映画「大鹿村騒動記」を10カ月に及ぶ異例のロングラン上映した飯田市中央通りのセンゲキシネマズは、大型連休最終日の6日まで上映を続け、フィナーレを飾る。25日には阪本順治監督から感謝のメッセージと花が届き、関係者らを感激させた。

 映画の題材は、同村に300年前から伝わる国選択無形民俗文化財「大鹿歌舞伎」。花形役者を務める鹿料理店主を中心にした喜劇で、故・原田芳雄さん演じる主人公の元に、記憶障害となり過去を忘れていた元妻が村に戻る場面から始まり、歌舞伎を通じて2人が再び心を通い合わせる姿を描いた。

 センゲキシネマズは昨年7月16日の封切りから、繰り返して上映期間を延長。3カ月ほどで上映作を切り替えるのが通例だが、10カ月に及ぶロングランを行い、同映画では国内2位の集客数を達成した。

 阪本監督から届いたはがきには「ロング、ロング、ロングラン!本当にありがとうございます。スタッフ、キャスト一同、感謝の気持ちでいっぱい」との謝意が記されていた。

 地元で撮影された映画は、地域の要望などに応じて上映期間を延ばしてきた同社だが、10カ月の上映は、「母べぇ」の約4カ月の2倍余に及ぶ超ロングラン。松浦正江社長は「美しい大鹿村の風景とともに、古里の温かさを伝えている大切な映画。監督や原田さんの思いが伝わり、ヒットにつながった」とし、「映画を通じて、心の中にある古里を取り戻してほしい」と話していた。

 5月6日まで。いずれも午前10時40分上映開始。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

新規求人確保に向け

8月14日金曜日13:05

歴史を将来に伝えたい

8月14日金曜日13:37

ペルセウス座流星群見えた

8月13日木曜日13:58

生前の収集品や写真を

8月13日木曜日13:51

花火の下で盆踊りの輪

8月12日水曜日15:13

キバナコスモスが見頃

8月12日水曜日15:52

今年は静かなお盆の様相

8月11日火曜日15:53

ネット通じ平和への思い共有

8月11日火曜日15:38

夜行性動物が一味違う姿

8月10日月曜日14:53

政策論争深まるか注目

8月10日月曜日14:44

村の和牛味わって

8月8日土曜日13:31

土砂崩落箇所をヘリで確認

8月8日土曜日13:54

主題歌にグリムスパンキー

8月7日金曜日15:14

リニア駅新設の手続き開始へ

8月7日金曜日15:17

22年春オープンへ整備

8月6日木曜日15:31








記事の検索はこちらから















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞