天竜川でアユ稚魚の放流開始

地域の話題

[ 2016年 4月 20日 水曜日 8時46分 ]

 アユ友釣り解禁の6月4日に向け、下伊那業業協同組合(下島保徳組合長)=飯田市松尾明=は19日、天竜川でアユ稚魚の放流を始めた。28日まで6回にわたり行い、昨年と同じ5・7トンを本流と支流に放つ。

 初日は組合員約40人が参加し、天竜川本流の弁天橋両岸で240キロ、水神橋で200キロ、桜堤防で300キロ、時又港で190キロ、明神橋上流で100キロ、アピタ高森店近くで600キロをそれぞれ放流した。

 稚魚は琵琶湖産が3・8トン、静岡県浜松市の海産が1・9トン。放流時の水温は12度ほどまで上昇した。

 同市上郷飯沼の桜堤防では、トラック荷台の水槽から天竜川に放流された10グラムほどの稚魚が元気に飛びはねながらブルーシートを流れ、川に入ると勢いよく泳いで次々と水面に消えた。

 下島組合長は「シーズンが天候に恵まれ、多くの方に楽しんでもらうことができたら」と話していた。

 泰阜ダムが建設される以前は、天然アユが太平洋から諏訪湖まで遡上(そじょう)した記録が残っているが、多くのダムが建設されてからは放流に頼っている。

 3年前から稚魚の量を増やし、放流場所を集中させており、好影響が出ているという。

 移動調査のため、一部のアユのあぶらびれを切除し、標識アユとするための作業も実施した。ことしは水神橋付近で放し、移動範囲や量を調べる。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

12月13日に旗揚げ公演

11月25日水曜日15:14

開かれた場で議論「大切に」

11月25日水曜日15:30

新店舗の詳細検討へ協定

11月24日火曜日15:10

新野の雪祭り 21年は中止

11月24日火曜日15:46

地域を豊かにする地産地消を

11月23日月曜日13:21

研究活動への眼差し広め

11月23日月曜日13:08

先輩の体験談 職業身近に

11月21日土曜日13:55

木質エネルギーで農業振興

11月21日土曜日13:15

戸中・壬生沢工区着工へ

11月20日金曜日15:27

新たな体験価値を創出

11月20日金曜日15:13

議員定数検討の中間報告

11月19日木曜日15:33

住民に寄り添う姿勢強調

11月19日木曜日15:16

かわいい新包装で再発

11月18日水曜日15:48

機動性高い最新機器実演

11月18日水曜日15:30

出身学生の帰省安心に

11月17日火曜日15:42








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞