天竜川の本流や支流にアユの稚魚を放流

地域の話題

[ 2012年 5月 15日 火曜日 9時28分 ]

 飯田市松尾明の下伊那漁業協同組合は12日から、天竜川の本流や支流にアユの稚魚の放流を始めた。13日は飯田松川上下流に県産の養殖稚魚約550キロを放流。ホースやバケツを使いながら8~10センチほどに育った稚魚を川に放った。今月中6回にわたり県産、琵琶湖産などの約5トンを放流する予定で、23日午前0時に解禁となる。

 2008年に天竜川上流域で発生した土砂崩落の影響で川が白濁し、アユのえさとなるアカが石に付き難い状況が続いていることから、ことしは本流の放流数を減らし、支流の放流数を増加させた。

 13日は飯田松川の上河原橋下から上溝橋までの区間12地点で実施。同区間は昨年の倍となる約550キロを放流した。この日は12~14度の水温で水量ともに絶好の放流日に。飯田、鼎両支部から15人ほどの組合員が参加して、順調な成長を祈りながら川に放った。

 鼎支部長(69)は「解禁日までには大きいもので18~20センチほどになりそう。長く楽しんでもらいたい」と期待を寄せた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

高温で良質な竹炭を

1月28日木曜日15:53

不満の声「市政に反映を」

1月28日木曜日15:30

町の魅力をVRで発信

1月27日水曜日15:40

個人消費の喚起策を

1月27日水曜日15:35

地元業者から提案も

1月26日火曜日15:34

西洋料理を気軽に

1月26日火曜日15:23

352人分採取し「全て陰性」

1月25日月曜日16:13

10年の歩み振り返り展望

1月25日月曜日15:50

対話重視し新たな村政へ

1月25日月曜日14:23

弓道クが全国で5位に

1月23日土曜日13:14

職員と村民に感謝

1月23日土曜日13:37

特産「竜峡小梅」が開花

1月22日金曜日15:42

仮設道路の通行「大丈夫」

1月22日金曜日15:23

高齢者の感染拡大懸念

1月21日木曜日15:51

集中できる学習の場を

1月21日木曜日15:43








記事の検索はこちらから



















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞