天竜川の本流や支流にアユの稚魚を放流

地域の話題

[ 2012年 5月 15日 火曜日 9時28分 ]

 飯田市松尾明の下伊那漁業協同組合は12日から、天竜川の本流や支流にアユの稚魚の放流を始めた。13日は飯田松川上下流に県産の養殖稚魚約550キロを放流。ホースやバケツを使いながら8~10センチほどに育った稚魚を川に放った。今月中6回にわたり県産、琵琶湖産などの約5トンを放流する予定で、23日午前0時に解禁となる。

 2008年に天竜川上流域で発生した土砂崩落の影響で川が白濁し、アユのえさとなるアカが石に付き難い状況が続いていることから、ことしは本流の放流数を減らし、支流の放流数を増加させた。

 13日は飯田松川の上河原橋下から上溝橋までの区間12地点で実施。同区間は昨年の倍となる約550キロを放流した。この日は12~14度の水温で水量ともに絶好の放流日に。飯田、鼎両支部から15人ほどの組合員が参加して、順調な成長を祈りながら川に放った。

 鼎支部長(69)は「解禁日までには大きいもので18~20センチほどになりそう。長く楽しんでもらいたい」と期待を寄せた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

飯田線が全線再開

9月28日月曜日14:31

90トンの鋼桁を設置

9月28日月曜日14:18

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞