天竜川天竜橋付近で水生生物調査

地域の話題

[ 2017年 7月 26日 水曜日 15時27分 ]

001tenryugawa

 国土交通省天竜川上流河川事務所は、26日から8月27日にかけて、天竜川上流の12カ所で水生生物調査を行う。初日の26日は、午前に飯田市龍江の天竜川天竜橋付近で、午後は同市上郷別府の松川上溝橋付近で実施。夏休みに入った小学生と保護者らが参加し、川の中に足を踏み入れ、石をひっくり返したり、網ですくったりしながら水生生物の採取に挑戦した。

 同調査は、川にすむ生き物の種類を調べ、その場所の水質を判定する調査。川の生き物を捕まえ、楽しく川に触れるとともに、さまざまな生物を観察する学習の機会となる。

 毎年学校の夏休み期間に合わせて行われ、「見たこともない生き物を発見できる」、「自由研究に活用できる」などと好評を得ており、ことしも全12会場で約580人が参加を予定する。

 この日、天竜橋付近での調査に参加した龍江小学校3年の男子児童(8)は、ヘビトンボやトビケラ類、テナガエビにドジョウなど、さまざまな生物を捕まえ、「初めて見る生き物をたくさん取れてうれしかった」と笑顔。伊那市から訪れた男子児童(10)は、「石の裏とか普段はまったく気にしない場所に、こんなに生き物がいるんだと勉強になった」と喜んだ。

 同事務所調査課の大前秀明水防企画係長は、「水生生物の採取を楽しみながら天竜川の水質について学び、きれいな水を守っていくという心を育んでもらえたらうれしい。調査を通じて川や生物が好きな子どもがどんどん増え、そのことが自然を守ることにつながれば」と期待を寄せた。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

移住定住推進委が初会合

9月26日土曜日14:49

アサギマダラ 今年も飛来

9月26日土曜日14:10

果物のフードロス解消へ

9月25日金曜日15:29

秋にも花を楽しんで

9月25日金曜日15:27

予定の現新2派が出席

9月24日木曜日15:21

赤い花びっしりと

9月24日木曜日15:17

コロナ禍での結束誓う

9月23日水曜日15:48

7カ月ぶりにアマの舞台

9月23日水曜日14:53

「実りゆく」を見に行こう

9月21日月曜日13:59

森林で伐採の見学も

9月21日月曜日13:00

10月から抗原検査開始

9月19日土曜日13:28

コロナ禍でも元気な姿

9月19日土曜日13:52

昼神の宿泊状況「回復傾向」

9月18日金曜日16:48

規模縮小し地域つなぐ

9月18日金曜日16:56

マニフェスト読み比べ

9月17日木曜日15:43








記事の検索はこちらから

















南信州電子版購読



スポンサーリンク

ふるさと納税でもらえる 南信州新聞 ふるさと納税でもらえる 南信州新聞