天竜川氾濫を想定した避難訓練

地域の話題

[ 2017年 8月 21日 月曜日 15時57分 ]

003tenryugawakunren

 飯田市危機管理室と松尾地区自主防災会(小木曽博人会長)は20日、天竜川の氾濫を想定した避難訓練を実施した。親せきや友人宅など事前に各自が結んだ「パートナーシップ協定」に基づき、行きやすい安全な場所に車を使って避難する初の試み。氾濫の状況を伝える避難勧告の防災無線にも工夫を加えるなど「より早く行動する」を合言葉に洪水災害と向き合った。

 一カ所に集合して歩いて避難する従来型でなく、「物理的にも精神的にも行きやすい場所に避難する」方法を初めて試した。気心が知れた相手に事前に避難場所にしたい旨を伝え、了承を得ておく同協定。同危機管理室が松尾地区全戸に協定書を含む訓練の案内冊子を配布して参加を促した。

 この日は同地区のうち「天竜川浸水想定区域」に指定する新井、寺所、明、清水の4地区約2000~3000人を対象に実施。午前8時半から1時間おきに避難準備、避難勧告、避難指示(緊急)の3回にわたり避難情報を流した。

 「3時間程度で氾濫する恐れがある」と状況が分かりやすい放送内容に改め、緊張感を増すためにチャイム音ではなくサイレン音も初めて採用した。「向こう三軒両脇」への近隣者への声掛けや、避難完了の合図とする玄関ノブへのタオル掛けなども新たに試みた。

 実家の菩提寺である柏心寺=同市箕瀬町=の安静達祐住職(64)とパートナーシップ協定を結んだ後藤真知子さん(66)は1回目の避難情報発表とともに、新井地区の自宅玄関にタオルを掛けて車で同寺に避難。10分ほどで到着し、安静住職に状況を報告した。「一番安心できる場所に避難したい」と後藤さん。安静住職は「他からも依頼があれば協定を結んでいきたい」との考えを示した。

 同協定以外にも松尾小や緑ケ丘中グラウンドには計144台の車が避難した。危機管理室防災係の後藤武志係長は「思った以上に多くの参加があった。パートナーシップ協定への受け止め方も肯定的な人が多く、引き続き理解や拡大を進めていきたい」と話した。

  

関連の注目記事

powered by weblio


  

こちらの記事もどうぞ(広告を含む)

     

最近の記事

水枯れ、残土に懸念の声 リニア青木川工区 大鹿村で説明会

9月22日土曜日14:13

中山間地の魅力探る 三穂で学生が地域へ提言

9月22日土曜日14:42

泰阜分村の跡地訪ねる 飯田日中友好協会が中国訪問 孤児の身元調査も

9月21日金曜日15:47

母親殺害の疑いで娘を再逮捕 飯田市羽場坂町

9月21日金曜日14:37

かぶちゃん農園の整理解雇受け従業員支援へ 飯田職安が28日に説明会

9月20日木曜日15:57

斜面彩る7万株見頃に 松川町嶺岳寺のヒガンバナ

9月20日木曜日15:58

かぶちゃん農園が社員を解雇へ ケフィア破産、主要販路断たれた影響か

9月19日水曜日15:22

ひとみ座が実演やトーク 川本美術館で「ひょっこりひょうたん島」展

9月19日水曜日15:32

2年ぶり豊作に期待 マツタケの店頭販売始まる

9月18日火曜日15:10

特殊詐欺被害を“ブロック” バレー元全日本の大山さん一日署長

9月18日火曜日15:38

多彩な職業、魅力に迫る 「お仕事キッズタウン」に1000人

9月17日月曜日13:38

新野の行人様ご開帳 鉄下駄レースで絆深める 阿南町

9月17日月曜日13:06

Iターンで平谷にカフェオープン

9月15日土曜日13:26

自殺対策の推進促すキャラバン

9月15日土曜日13:24

園原に3万株のヒガンバナ 24日白蛇縁日で見頃に 特別御朱印も 

9月14日金曜日15:10